YouTube動画で人物の顔に自動でぼかしを入れる設定方法

スポンサードリンク

YouTubeに搭載されている機能を利用して、

動画内の人物の顔に「ぼかし」を入れる方法

について解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

 

通常の「顔ぼかし」の機能だけでなく、

自由にぼかしを入れることができる

「カスタムぼかし」の機能についても

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

①YouTubeに動画を「非公開」の状態でアップロードしておく

②クリエイターツールをクリックする

③「動画の管理」をクリックする

④動画を選んで「編集」をクリックする

⑤「動画加工ツール」をクリックする

⑥「ぼかし効果」をクリックする

⑦「顔のぼかし処理」の「適用」をクリックする

⑧「新しい動画として保存」をクリックする

⑨ぼかしの入った動画に問題がなければ公開設定を変更する

 

【カスタムぼかしの使い方】

①「カスタムぼかし」の「編集」をクリックする

②マウスを操作してぼかしを入れる範囲を設定する

③グレーのバーを調整してぼかしを入れるタイミングを設定する

④「完了」をクリックする

⑤何か問題があれば「再設定」をクリックして編集作業を行う

・「適用済み」をクリックするか「最初の状態に戻す」をクリックして編集を削除する

 

《一言》

ゲーム実況のようにゲーム画面の撮影を行うのではなく、

実際に現実世界の風景を撮影するにあたっては

人物の顔が映ることに問題が生じる可能性があります。

 

その場合、その部分に「モザイク」「ぼかし」を入れる

必要がありますが、動画編集ソフトを起動するのが

面倒という場合はYouTubeに動画を投稿した後に

編集作業が可能です。

 

この動画で紹介されているぼかし効果以外にも、

さまざまな編集作業が可能です。

 

本格的な編集作業は

動画編集ソフトが必要になるかと思いますが、

簡単な作業であればYouTubeに搭載されている

編集ツールだけでも十分です。

 

今回は「顔ぼかし」ですが、「カスタムぼかし」を使うことで

人物の顔以外の部分にもぼかしを入れて、

視聴者に見られたくない部分を

しっかりと隠すことができます。

 

使い勝手の良い機能であるため、

ぼかしだけで良いのであれば動画編集ソフトではなく、

このツールを利用してみることをオススメします。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ