SEO内部対策の方法

スポンサードリンク

アフィリエイト等で運用するブログなどのサイトを、

Googleから正しく評価してもらうための

内部対策について解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

どういった理由で内部対策が必要なのか、

そのためにはどういった部分に注目しなければならないのか

ということがわかりやすく解説されているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・言語の種類がわからないものだと評価できない
→SEOでも同じことが起こる

・周囲の評価が良くても、Googleが見に来てわかりにくいと評価につながらない

・Googleにとって(も)評価しやすいことがSEO対策に重要

・基本的に「ロボット」が読みに来る
→言語がぐちゃぐちゃになっていると読めない

・ロボットの理解度は高まっているが、評価しやすいのは「文法が綺麗な方」

・「HTML」「CSS」のルールを守ってサイトを作ることが重要
→ソースコードの意味と使い方を理解することが必要

・「意味」と「使い方」を守る=文法を守ることになる
→「見出しタグ」の使い方など

・タグの順番などにも注意

 

《一言》

サイトを運営するにあたっては、

訪問者にとって有益な情報をわかり易く提供できること、

その基本となる「記事作成のテクニック」が重要になりますが、

その前の段階として「Googleにサイトを評価してもらう」

ということが重要になります。

 

要するに「サイトの上位表示」や

「インデックス速度」などの部分に関することであり、

これをおろそかにすると良質な記事や

綺麗に整った見やすいサイトを作っても、

無数のWebサイトの下に埋もれてしまいます。

 

サイトを評価しているのは、

ユーザーではなくGoogleであり、

往々にして無数のサイトを評価しているのは「ロボット」です。

 

ロボットなので、

人の目では理解できることが

逆にロボットには理解できない、

ということも考えられます。

 

サイトを利用するのは人間なので、

記事の書き方にしてもサイトの構成にしても、

それを見る人間の訪問者がどう感じるかということは、

同じ人間であるサイト管理人が視覚で知ることができます。

 

しかし、ロボットは結果論となるサイトの最終的な見た目ではなく、

無数の文字列で構成された見え方をするので、

そこが間違っていると見た目通りの評価を受けられません。

 

難しいことのようにも思えますが、

記事を書く際に「タグ」などの使い方を

きちんとできていれば問題ありません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ