無料オファーの批判記事の書き方と情報商材の購入に繋げる方法

スポンサードリンク

情報商材アフィリエイトの手法として

「無料オファーの批判記事」の書き方について

解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

批判記事をどのように書かなければならないのか、

その結果としてユーザーをどういった方向性に

持っていかなければならないのかを

わかりやすく解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・多くの情報商材アフィリエイターが「無料オファーの批判記事」で集客している

・「無価値な無料オファー」を正しく批判することで集客に繋がる

・無料オファーが打ち出された後に多くのアフィリエイターが紹介し始める
→興味を持って検索する人が増えるのでそのアクセスを自分のサイトに集める

・理論的に批判し、その中で自分のブランディングも行う

・販売者名で検索して、過去の悪事を調べあげることも有効

・理論的な批判から、自分の持論をアピールする
→良質なユーザーが残る

・「無料オファー→高額塾」の流れを理解してもらい、安価な情報商材を勧める

・代替の商材がなければ「ノウハウ記事」へと誘導する
→最終的に情報商材の成約につながる

・そのオファーのジャンルに合った情報商材を勧める

 

《一言》

物事には、何であっても「理由」というものが存在します。

物の善し悪しに関しても、です。

 

なぜ良いのか、なぜ悪いのか、

「良い・悪い」の評価だけを見ても意味がわかりません。

 

通販サイトのレビューを見ると、

「〇〇だから良い」

「〇〇の部分が気に入らない」

「〇〇は改善して欲しい」といったように、

良い悪い両方の評価において

「なぜ、そう思うのか」ということを明確にしないと、

その商品を実際に手に取っていないユーザーにとっては

評価を参考にすることが出来ないのです。

 

情報商材アフィリエイトにおいては

「無料オファーを批判する記事」によって

集客することが出来、そこから情報商材や

自分のノウハウ記事への誘導が可能です。

 

しかし、記事の中身は通販サイトのレビューと同じ、

「どういう理由でこの無料オファーは良くないのか?」

という部分が明確で無いと、

批判記事の品質を向上させることは出来ません。

 

この点は、「論理的な記事を書けるかどうか」

というテクニックの部分になり、

集客の基本である以上はこれをいかにして

上質な批判記事に仕上げることができるかどうかで

ライバルサイトとの差別化を図る方法となります。

 

初心者には難しい内容となっていますので、

ブログアフィリエイトや情報商材で

ライティングの経験と技術をみにつけ、

上質な批判記事を書けるようになりましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ