YouTubeで「注目のコンテンツ」を設定して動画の再生回数を増やす方法

スポンサードリンク

YouTubeの動画再生中に

「おすすめの動画」を表示させる設定方法について

解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

おすすめ動画として選定するための

基準の一つとして「アナリティクス」の使い方も

一緒に解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

①チャンネル画面にアクセスし「動画の管理」をクリックする

②「チャンネル」「注目のコンテンツ」をクリックする

③「コンテンツをおすすめ」をクリックする

④「動画または再生リストを選択する」にチェックを入れて、動画を選択する

 

【どの動画をおすすめするべきか】

・再生回数の多いものや評価の良い動画

・「アナリティクス」をクリックし、平均視聴時間を確認して選択する

・おすすめの動画には「メッセージ」をつけることも可能

 

《一言》

YouTubeには、さまざまな機能が搭載されています。

 

YouTube動画を再生してもらい、

広告料を増やすためにはそうした機能をしっかりと活用し、

多くの再生回数を稼いでいく事が重要です。

 

今回の動画で解説しているのは、

動画の再生中に表示される「おすすめ動画」の表示方法であり、

これを設定することで自分の動画を再生中に

「この動画がおすすめ」と言った感じに

動画画面にちょこんと表示されます。

 

クリックしてもらうと、その動画が再生されるのです。

 

つまり、クリックされた分だけその動画の

再生回数が増加するということになります。

 

表示できるのは「特定の動画」「最新の動画」のどちらかであり、

チャンネルを紹介できるような動画をおすすめに

設定しておくと効果的であるといえます。

 

最新の動画を表示させると、

自分の動画を再生してもらっている時に

最新動画をおすすめすることが出来、

ある意味で「告知」のような使い方ができますが、

そもそもチャンネル登録者であれば最新の動画は表示されますし、

そうでない人に最新動画を表示しても

そこまで興味は持ってもらえません。

 

そういった人を確実にチャンネル登録に導くためには、

そのチャンネルを象徴し、

説明できる動画を設定しておくことで、

チャンネル登録者数を増やすための

機能として活用することが出来ます。

 

もちろん、最新動画を宣伝用として

利用するのも良いでしょうし、

最新動画の再生回数を稼ぐ方法としても

十分に機能してくれることでしょう。

 

動画の選び方は人それぞれであり、

本当におすすめしたい動画があれば

それを選ぶのも選択しとしてはアリです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ