2ちゃんねる勢いランキングを活用して動画のネタを探す方法

スポンサードリンク

「2ちゃんねる勢いランキング」を利用して、

ブログ記事や動画の作成のためのネタを集める

方法について解説している動画です。

 

レビュー★☆☆☆☆

 

《ここがオススメ》

勢いランキングの使い方だけではなく、

実際に勢いランキングで見つけたネタ候補から

記事や動画をどのように準備するのかについても

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・「勢いランキング」でカテゴリー別に分かれていてわかりやすい

・「勢い」は伸びの良さ
→注目を浴びている、需要があるネタが分かる

・動画にするのも良いが「無断転載」に注意

・勢いがあっても、YouTubeでの需要があるとは限らない

・「キーワード」に注目する
→YouTubeで実際に検索をかける

・ネタを「そのまま」で使う必要はない
→キーワードを抽出する

 

《一言》

新聞記者がネタ集めに奔走するかのように、

ブログや動画で稼ぎたい人も必死になって

ネタを集めるために外に出なければならない、

ということはありません。

 

ネットで稼ぎたい人のネタ集めは、

同じくネットに散らばっている情報を集めることで

成り立たせることができるのです。

 

そもそも、ネットで稼ぐ人が必要とするのは

「サイト訪問者」「動画視聴者」であり、

彼らもまたネットを通じて情報を集めています。

 

ならば、ネット上で何が注目されているかを知ることで、

需要を知り、それに即した供給を知ることが出来ます。

 

「勢いランキング」も、その一つですが、

必ずしも需要として成立しないということだけは

覚えておきましょう。

 

勢いがあり、それが実際に検索されるような

キーワードで構成されているかどうかが重要なのです。

 

それと、動画とは直接関係はありませんが、

動画を作成する際には

「画質」「音質」にもこだわるようにしましょう。

 

今回の動画はどうにも録音環境が整っていないのか、

非常に聞き取りにくくなっています。

 

そうなると、視聴者は離れてしまいます。

 

もし、録音環境や自分の声に自信がなければ

「字幕動画」「合成音声動画」といったものも視野に入れましょう。

 

これなら、声の聞こえが悪くても問題が起きません。

 

注目されるような動画であっても、

見づらい、聞き取りづらい動画は再生されても

すぐにブラウザバックされるか、

別の動画に移動されてしまい、

収益を増やすことができなくなります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ