ワードプレスに画像を挿入する方法とキャプションや代替テキストについて

スポンサードリンク

ワードプレスに画像(メディア)を挿入する方法とキャプションや代替テキストについて解説した動画です。

レビュー:★★★☆☆

《ここがオススメ》

ワードプレスのメディアの追加方法の説明と、入力できる4つの項目がそれぞれどんな意味を持つのかが解説されていてオススメ!

《この動画の要約》

【ワードプレスのメディア追加】

・メディアを追加した時の入力項目(?)

・「タイトル」「キャプション」「代替テキスト」等の入力項目のこと

【メディア追加の手順】

①ワードプレスの投稿画面から「メディアの追加」をクリックします。
 ↓
②アップロードしたメディアが表示されているので、追加したいメディアを選択すると右側に入力項目があるので入力します。
 →必要に応じて「ファイルのアップロード」を行う

【タイトル】

・初期段階では「ファイル名」が入力されています。
 →編集することが出来ます

・メディアの「補足説明」のような内容、「title属性」と呼びます。

・検索エンジン対策には影響しません。
 特に対策意識を保つ必要はない 

【代替テキスト】

・「alt属性」と呼びます。

・記事の内容に合わせたキーワードの入力を行うことで、検索エンジン対策に効果が認められています。

・4つの項目の中で最も重要視されています。

【説明】

・「覚書」のようなものです。

・あまり必要とはしません。

【キャプション】

・投稿したメディアの下に表示される文字列です。

・閲覧者にメディアに対する「補足説明」を行いたい時に利用します。
 →その意味では「説明」と同じ属性を持ちますが、サイトの訪問者が実際に目にするのはこちら 

・絶対に必要というわけではなく、白紙のままでも問題ありません。

《一言》

サイトを彩り、より深い説明を用いることで記事やサイト全体の評価を向上させるためには「メディア」が必要になります。

多くの場合では「画像」を用いることで、文章では言い表しにくい表現をサイトの訪問者に対して行うことが出来ます。

私達だって、文章ばかりの堅苦しいサイトよりも、画像が挿入されているバランスの良いサイトのほうが良いと思いませんか?

そんなメディアの質を向上させるためには、特に「代替テキスト」が重要で、これは検索エンジンに対して影響を与えます。

なので、記事に合わせたキーワードを入力しておくことで、検索エンジン対策になります。

あとは、「キャプション」を入力することでそのメディアの補足説明を訪問者に対して行えるので、「あ、これは説明しておいたほうが良いかな?」と思ったことは入力しておきましょう。

初心者でもより多くのサイト訪問者を獲得するためには必要なことなので、しっかりとマスターしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ