ワードプレスのビジュアルエディタとテキストエディタの違いについて

スポンサードリンク

ワードプレスで記事を作成するにあたって

利用することのできる

「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」の

違いについて解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

ビジュアルエディタとテキストエディタ、

それぞれ実際に操作するとどんな感じになるのかを

見せながら解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・ワードプレスには「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」の2種類がある

・初心者にはわかりにくい

 

【テキストエディタ】

・テキストエディタはHTML言語を使用する

・テキストに対する何らかの変化を、文字列によって表現する

・実際のページでは、文字列に応じた効果が発揮される

 

【ビジュアルエディタ】

・やることは基本的に一緒

・記事編集画面において、実際にページに反映される結果と同じ「見た目」になる

・初心者向け

 

【ツールバー】

・文字の装飾に関するボタンの集まり

・「プラグイン」を入れることで他の機能を追加することができる

 

《一言》

長々と動画は続くのですが、

結局のところ簡単にいえば

「使いやすい方を使う」ということなのです。

 

別段、どちらかのモードでないと

不具合が生じるということはなく、

最終的にブログの見た目は同じです。

 

テキストエディタで行おうが

ビジュアルエディタで行おうが、

太文字にすれば文字は太くなりますし、

赤くもなります。

 

テキストエディタの方では、

「プレビュー」を行わないと実際の見た目がわからない

というデメリットが有りますが、

これも長くワードプレスを使っていくと慣れていき、

文字列を見るだけでどんな見た目の

文字に仕上がるのかを明確に

イメージできる人もいます。

 

テキストエディタの方だと、

文字の変化をどういったタグで行っているのか、

大きさなどに関しては細かい

数字まで記載されているので

お互いの差などを明確に把握しやすくなります。

 

とは言え、最終的には

「ブログ記事がどう見えるのか」という問題であり、

方法こそ異なれどもどちらでも

同じ結果を生むことが出来ます。

 

初心者の場合だと、ごちゃごちゃしない

「ビジュアルエディタ」の方が良いですが、

これも絶対ではありません。

 

最後には「好み」の問題になるのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ