キーワードプランナーとヤフー知恵袋を使ってキーワードを探す方法

スポンサードリンク

アドワーズの機能の一つ「キーワードプランナー」と「goodkeyword」「Yahoo知恵袋」を使ったキーワード選定の方法について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

実際に例題のキーワードを挙げて、それを入力してどんな内容になるのかを交えながら解説しているのでわかりやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

①アドワーズのキーワードプランナーにアクセスする
 ↓
②「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックする
 ↓
③キーワードを入力し、期間を設定して検索ボリュームを取得する
 ↓
④「goodkeyword」で同じキーワードを入力し、検索結果を確認する
 ↓
⑤2個のキーワードで検索をかけた場合、それを含んだ3個めのあるキーワードの組み合わせが5個以上あることを確認する 
 ↓
⑥月間平均検索ボリュームが200~300あることを確認する
 ↓
⑦Yahoo知恵袋を確認する
 ↓
⑧質問数の多さを確認し、100件以上であることを確認する

《一言》

記事を書いたり動画を作るにあたっては、注目されているキーワードであることが重要になります。

いくら有益な情報を含んだ記事や動画を作っても、人々はインターネットで検索をかけないと、それらの成果物にはたどり着くことが出来ません。

なので、注目されている、つまり「検索数が多いキーワード」を探すことが必要なのです。

方法はいくらでもありますが、オーソドックスな方法を現状の問題に対応する形でアレンジしたのが、今回の動画の内容です。

動画内で説明している内容や、細かい数字の部分に関しては、投稿者の独自の感性によるものですので、絶対にそうでないといけないというわけではない点に注意してください。

ネットビジネス初心者の場合は、どうしてもそういった「ノウハウ」的な内容が自分の中にないので、先駆者たちのやり方を真似るしかありません。

しかし、経験を積んでいくと「自分なりのやり方」というものが見えてきます。

経験と実績に基づいた、人とは違うやり方や考え方などを、自分の中で作っていくことが重要です。

仮に先駆者たちと異なる方法であったとしても、それで実際に結果が出ているのであれば、それはそれで正しいのです。

最初は栓記者たちの共通して話しているオーソドックスなやり方で、経験を積んできたら自分なりの感性でものごとを見ていくことが必要です。

いつまでも初心者でいては、大きく稼ぐことなんて出来ないのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ