「AdSense Manager」の使い方 アドセンス広告をを記事中の好きな場所に表示できる

スポンサードリンク

アドセンス広告を、ワードプレスの記事の任意の場所に表示させることが出来るプラグイン「AdSense Manager」の使い方について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

AdSense Managerの実際の使用方法だけでなく、それを適用した場合に記事内でどのように表示されるかを見せているので説得力があるところがオススメ!

《この動画の要約》

①「AdSense Manager」のプラグインを検索し、有効化まで進める
 ↓
②「投稿」から「Ad Units」をクリックする
 ↓
③表示したいアドセンスのタグをコピーしておく
 ↓
④「Add New Ad」をクリックし、テキストボックスにタグを貼り付ける
 ↓
⑤「Import」をクリックする 
 ↓
⑥「Display Options」の項目をすべて「Yes」に変更する
 ↓
⑦「Save changes」をクリックする
 ↓
⑧記事の投稿に際して、本文中の好きな場所にタグを入力する

《一言》

ワードプレスでブログを運営し、それでアドセンス報酬を得るためにはサイトや記事の中にアドセンス広告を設置することが必要になります。

この広告を、もっと自由に設置することで、より高いクリック率を達成できる可能性があり、それを手伝ってくれるのが「AdSense Manager」なのです。

一度、広告タグの設定を終えてしまえば、あとは短いタグを記事内に挿入するだけで自分の好みの場所に広告を表示することが可能になります。

これにより、広告設置に関する自由度が高まり、記事の内容などを考慮して自分の好きな場所に広告を設置できます。

記事内容などとの整合性をしっかりと考慮することで、文章を読み進めた読者が最も広告をクリックするであろう場所の広告を実際にクリックしてもらうことが出来、クリック数を増やすことでアドセンス報酬を増やすことが出来ます。

クリック率を上げる事で、訪問者数の多いサイトほどその恩恵がダイレクトに報酬額の増加につながるので、使い方によっては思いもよらない効果を発揮してくれるかもしれません。

使い方も実に簡単、無料で利用できるということもあって初心者にとっても非常に便利なプラグインです。

アドセンス広告をもっと自由に表示させたいという人は、ぜひともこのプラグインを活用してください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ