YouTubeのチャンネル登録用URLを作成して動画下の概要欄に表示させる方法

スポンサードリンク

YouTubeの動画の説明欄の部分に、自分のチャンネルの登録をするためのURLを貼り付ける方法について解説している動画です。

レビュー★☆☆☆☆

《ここがオススメ》

YouTubeのIDの探し方を複数紹介するなど、YouTubeチャンネル登録の説明欄への貼り付け方法に必要な情報について実用的な内容を解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①YouTubeのアカウント管理画面にログインし、「マイチャンネル」をクリックする
 ↓
②「https://www.youtube.com/channel/チャンネルID」の「チャンネルID」の部分を確認する
 ↓
③「http://www.youtube.com/channel/チャンネルID?sub_confirmation=1」で短縮URLを作成する
 ↓
④「動画の管理」をクリックする
 ↓
⑤「チャンネル」「アップロード動画のデフォルト設定」をクリックする 
 ↓
⑥「説明」の欄に、短縮URLと付随する文章を入力して設定する

《一言》

チャンネル登録者数を増やすということは、YouTubeに動画をアップロードし、それによってアドセンス報酬を得るために必要なアクションであり、要素です。

チャンネル登録者数が増えることで、新しい動画を再生してもらえる可能性が高くなり、再生回数の「保証」を獲得することで再生回数の底上げを行い、再生回数が増えることでアドセンス報酬を増やすのが、チャンネル登録者数を増やすことの意味になります。

いろんな方法でチャンネル登録者数を増やすことができますが、今回の方法もまた有効な手段であると評価できます。

もっとも、一番重要なのは「高品質な動画を量産すること」です。

いくら「チャンネル登録してください」とアピールしても、見たくもない動画ばかりアップロードしていては、誰もチャンネル登録なんてしてくれません。

重要な事は、魅力的な動画を何個もアップロードして、「チャンネル登録をしても良い」と思わせた上で、それを誘導する方法として、動画で紹介されている方法などを駆使することです。

つまり、こういった方法を弄したところで、まず土台となるチャンネルが育っていない、つまり動画が低品質なものばかりだと、誰もチャンネル登録をしてくれないから意味が無いということです。

もちろん、最初からこういった方法で網を張っておくことは重要ですが、それ以上に動画のクオリティを上げることを最重要視してください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ