YouTubuアドセンス広告の種類と単価について(インストリーム、ディスプレイ、インビデオ)

スポンサードリンク

YouTubeアドセンスでの広告の種類と単価の考察について解説している動画です。

レビュー★☆☆☆☆

《ここがオススメ》

それぞれの広告の外見上の特徴だけでなく、実際にそれがどういったクリックのされ方をしているのかについての雑感も含まれているところがオススメ!

《この動画の要約》

【インストリーム広告】

・CM再生中にクリック、もしくは30秒の表示で報酬発生

・意外と報酬は発生する

【ディスプレイ広告】

・動画右上の広告

・クリック率は低い

・活字媒体ではそれなりにクリックされる

【インビデオ広告】

・動画内の広告

・消されるケースが多い

・動画によっては無視できない広告

【単価等について】

・4円~10円?

・考えてもしかたがないのでとにかく動画を作る

《一言》

広告については、結局のところ「考えても仕方がない」というのが正論なのです。

実際にあなたが何らかの努力をすることで広告の種類が変わったり、単価が急激に上がるようなことはありません。

最終的には「再生数の何%がくりっくされて報酬発生」というように、再生回数に依存した考え方になってしまいます。

つまり、YouTubeアドセンスで稼ぎたければ、再生されるような魅力的な動画を何本も作り、チャンネル登録者数を集めてファンを獲得する、これに尽きるのです。

今回の動画については、知識として覚えておけば良いかな?程度に考えてもらって問題ありません。

動画のトレンドは、その時によって変動する可能性もあります。

場合によっては、自分のチャンネルの動画ジャンルが下火になってしまうことも十分に考えられます。

あまり再生されなくなってしまった、再生回数がまったく伸びないというのであれば、その原因を解明して動画作成に反映し、視聴者に再生してもらえるように仕向ける必要があります。

あとは、規約違反等をしてペナルティを受けないようにすることです。

これさえ守っていれば、あとはとにかくひたすらに魅力的な動画を何本もアップロードすることです。

単価については季節性(企業が広告をバンバン打ち出すタイミング)もありますので、一概に「◯再生で?円」と固執しないようにしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ