MKEditorの使い方 タブ式エディタソフトで複数文書の編集ができて便利

スポンサードリンク

タブの切替など多数の機能を持つテキストエディタ「MKEditor」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

MKEditorの使い方や機能において、どのような部分にどういった魅力があるのかがわかりやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

①「MKEditor」をダウンロードおよびインストールする
 ↓
②MKEditorを起動する
 ↓
③「新規作成」で、新しいタブを作成する
 ↓
④テキストの編集を行い、完了したら「保存」をクリックしてファイルを保存する

・タブでテキストを管理することができるので便利

・タスクバーに登録しておくと便利

・既存のテキストファイルを一括で読み込むことができる

《一言》

作業効率を上げるためには、そのジャンルに適したツールを使用することが必要になります。

パソコンには、そのOSに適したいくつかのツールが最初から導入されており、ユーザーはそれを使うことが出来ます。

しかし、既存のツールで事足りるからと言って、同ジャンルのツールは不要なのかといえば、その限りではありません。

なぜ、デフォルトでインストールされているツールと同じジャンルのツールがインターネット上に存在しているのかを考えてみれば、「全く同じツールではない」からだということが出来ます。

そして、往々にして何らかのプラスの改良がほどこされているツールであることが多いのです。

今回の「MKEditor」もその一つですが、こちらは「タブ」の機能を搭載しています。

インターネット等でもよく使われるタブは、タブを切り替えることで同じ画面に異なる画面を表示させ、任意のタイミングで切り替える事が可能になっています。

MKEditorも、複数のテキストドキュメントを一括で表示させ、タブによってそれを切り替えて編集作業ができるようになっています。

これによって複数のテキストウィンドウを画面上に表示させること無く、効率よく切り替えながら作業をすることが出来ます。

このように、既存のツールで事足りると思っていても、その上位互換、もしくは何らかの形に特化したツールを使用することで、ネットビジネスにおいても作業効率を高めることが出来ます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ