Tapur(タピュール)の使い方 スカイプの会話を簡単に録音する方法

スポンサードリンク

スカイプでの会話の内容を録音し、音声データとして残すことができるツール「Tapur」について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

Tapurのインストールの手順、およびTapurを実際にスカイプの起動中に使用する際の流れを全て解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①「Tapur」をダウンロード、およびインストールする
 ↓
②スカイプを起動する
 ↓
③Tapurを起動する
 ↓
④録音ボタンを押して録音を開始する
 ↓
⑤スカイプでの通話と同時に録音が停止される、もしくは「停止」「一時停止」をクリックする 
 ↓
⑥「音声ファイル取り出し」をクリックする
 ↓
⑦保存先及び拡張子を指定し、「OK」をクリックする

《一言》

スカイプは、パソコンを使って遠方の人とリアルタイムで音声や映像のやり取りを行うことが出来ます。

ビジネスの場でも活用するシーンが多く、マイクセットがあれば誰にでも利用できる手軽さがあります。

その際、何らかの方法で録音ができれば良いですが、スカイプ専用のツールとして「Tapur」が紹介されています。

これを使えば、スカイプを利用して相手と話し合った内容を音声ファイルとして保存することが出来ますので、大切な内容を忘れてしまった場合でも聞き直して確認することが出来ます。

特に、スカイプでビジネスの相談等をする機会の多い人だと、役に立つ場面が増えてくるのではないかと思います。

一時停止などの機能もあるので、スカイプでの会話の方法によって使い方を細かく変えることも可能になります。

スカイプを利用する機会の多い人には必須のツールと言っても過言ではありませんが、「~以降は使えなくなる」というのが少し気になりますね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ