コピペツールClibor(クリボー)の使い方 定型文を設定して時間短縮しよう

スポンサードリンク

文章をコピーし、複数のコピーをクリップボードに保存して貼り付けを行うことが出来るツール「Clibor」について解説している動画です。

レビュー★☆☆☆☆

《ここがオススメ》

Cliborで文章の貼り付けが行えない際に、その復旧のために必要な設定方法について解説しているところが実用的でオススメ!

《この動画の要約》

①「Clibor」をダウンロードおよびインストールする
 ↓
②「Clibor.exe」を実行する
 ↓
③必要な文章をコピーする
 ↓
④「Ctrlキー」を2回入力する
 ↓
⑤クリップボードを表示させ、必要な文章をクリックして貼り付ける 
 ↓
⑥クリップボードに表示されている文章を右クリックし、「定型文に登録」をクリックする
 ↓
⑦タブを「定型文」に変更し、過去に登録した定型文をクリックして貼り付ける
 ↓
⑧定型文のタブを右クリックし、「グループ1」「グループ2」を切り替える

・貼り付けを行えない場合には「設定」から「自動貼り付け」を有効にする

《一言》

ネットビジネスの中でも、ブログライティングや記事作成の仕事などは、大量の文字を入力します。

それを早くする方法の一つに「音声入力」というものもありますが、発音やマイクの性能に依存するので人によっては不便です。

キーボード入力という方法はそのままに、いつも使うような「使用頻度の多い単語」や「使用頻度の多い文章=定型文」がある場合には、このツールが有効です。

通常、「クリップボード」には、1回分のコピーしか保存できません。

再度コピーをしないかぎりは同じ文章を何度でも貼り付けられますが、例えば「クリップボード」という文章をコピーし、その後に「コピー&ペースト」という文章をコピーすると、1回目の「クリップボード」という文章は貼り付けられなくなります。

短い単語であればまだしも、「長い文章」「URLやメールアドレス」といった、入力に時間がかかったり間違えやすい文章の場合だと、クリップボードに複数の文章を記憶させることで大幅な時間短縮と精度の高さを実現できます。

文章を入力するビジネスを考えている人の場合だと特に使い勝手が良いツールであると言えますし、無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

なお、「exe」は「アプリケーションの拡張子」であり、一般的な読み方は「エグゼ」です(他にもありますが)。

もう一つ、「履歴」は「りれき」です!

生の音声で解説動画を作る際には、特に「漢字の読み方の間違い」に注意しましょう。

「罹患(りかん)」とか「遵守(じゅんしゅ)」、「相殺(そうさい)」といったように、使う頻度の多い(あまり使わないものもありますが)漢字の読み方を間違えると、特にビジネスでは余計なトラブルに発展する可能性もありますので、正しく使えるようにしましょう。

慣用読みや百姓読みならまだしも(「輸入」は「しゅにゅう」が正しいのですよ!漢字変換できないですけど・・・)、そうとは言い難い間違いは格好悪いですよね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ