キャプチャソフト「screenpresso」の使い方 自動スクロールキャプチャのやり方も解説

スポンサードリンク

画像をキャプチャし、簡単な編集も行うことが出来るキャプチャソフト「screenpresso」について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

「screenpresso」の基本的なキャプチャ方法と、キャプチャした画像の編集方法についても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①「screenpresso」をダウンロードおよびインストールする
 ↓
②screenpressoを起動する
 ↓
③「キャプチャ」をクリックする
 ↓
④「指定領域の~」と書かれている部分の右側の▼マークをクリックする
 ↓
⑤「指定領域のスクリーンショット」をクリックする 
 ↓
⑥キャプチャしたい部分をドラッグ&ドロップで指定する
 ↓
⑦画面全体をキャプチャしたい場合には「全画面のスクリーンショット」をクリックする
 ↓
⑧指定範囲が上下に広い場合には「自動スクロールを使ってスクリーンショット」をクリックする
 ↓
⑨範囲指定を行い、スクロールしてキャプチャ範囲を指定していく
 ↓
⑩右クリックして画像の指定範囲を確定する
 ↓
⑪必要に応じて画像を装飾(矢印の挿入や透過性の変更)
 ↓
⑫「確定」をクリックして編集を確定し、「別名で保存」をクリックして保存する

《一言》

ネットビジネスを行っていく中で、説明や解説動画の素材として「キャプチャ画像」を使う機会も増えていきます。

「ここは、このように操作する」とか「この部分に注目してください」といったように、範囲や部分指定などを踏まえて解説する必要性が有る場合に、文章だけでは解説することが難しいです。

そこで、画像を用意して、それに編集を付け加えることで理解しやすくなります。

画像を使ったスライドショー動画や、ブログでの画像の使用など、さまざまな方法で画像を使うことが出来ます。

今回紹介されている「screenpresso」というソフトは、無料で使える上に使いやすく、必要な機能を多数取り揃えているという、初心者にとっては特にうれしい機能を持ったソフトです。

画像をキャプチャするだけではなく、キャプチャした画像に簡単な編集を加える事が出来ます。

これによって別のソフトで画像編集をする手間がかからず(細かい編集は別のソフトが必要になりますが)、すぐに解説用の画像を用意できます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ