画像に簡単にモザイク処理ができる「JTrim」の使い方

スポンサードリンク

無料でダウンロードすることが出来るモザイク処理画像編集ツール「JTrim」の使い方について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

モザイク処理を実行する際に指定する「粗さ」について、それぞれの指定内容でどんな見た目の変化をするのかを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①「JTrim」をダウンロードする
 ↓
②インストールを進める
 ↓
③アプリケーションを起動する
 ↓
④モザイクをかけたい画像ファイルを読み込む
 ↓
⑤モザイクをかけたい部分をドラッグ&ドロップする(出来る限り広めに) 
 ↓
⑥範囲を指定したら「モザイク」ボタンをクリックする
 ↓
⑦モザイクのレベルを指定する
 ↓
⑧モザイクがはみ出た(モザイクを掛けられていない部分がある)場合は、範囲指定をドラッグ&ドロップで広げ、改めてモザイクボタンをクリックする

《一言》

ネットビジネスにおいては、数多くの「画像」を利用する機会も増えてくると思います。

普通に誰にでも見せることが出来るものだけではなく、中には「この部分は隠しておかないといけないな」という画像も有ると思います。

例えば、何らかの商品の説明の記事や動画を作る際に、写真撮影をした中に「個人情報」が含まれている場合だと、自分の名前や住所が視聴者に露見してしまうことになります。

そうなってしまうと、どんな被害をもたらすかわかったものではありません。

撮影範囲を指定してもその部分を隠せない(どう撮影しても隠したい部分が写ってしまう)場合には、その部分をモザイク処理することで、普通に見ることは出来ない、個人情報などの「見られると困る」部分を隠すことが出来ます。

そんなに多くの機会があるとは思いませんが、長くネットビジネスを続けていくのであれば、ほぼ確実に必要になるツールであると言えます。

前もってインストールまで済ませておけば、無料ですぐに利用することが出来ます。

いつも使うような場所ではなく、ネットビジネス用、もしくは画像加工用のツールの入ったフォルダでも作っておけば、何時でも活用することが出来るのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ