YouTubeから著作権侵害の通知が来た時の対応方法

スポンサードリンク

YouTubeの運営から「著作権侵害」に関する通知が届いた場合に起こすべきアクションについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

著作権侵害の異議申し立てにおいて、日本ではあまり馴染みのない「フェアユース」についても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・YouTubeから「著作権侵害」に関する通知が届く
 →YouTubeアカウントが良好な状態ではなくなる、一部の機能が使えなくなる

・3回の通知が届くと、アカウントが停止する
 →動画は全て削除、新しいアカウントも作れない

・「動画の管理」「著作権情報」で、対象の動画を調べられる

・著作権侵害の通知を受けた動画を削除しても、著作権侵害は解除されない

【著作権侵害を解除するためには?】

・「コピーライトスクール」を受講し、6ヶ月間あらたに著作権侵害の通知を受けなければ期限切れとなる

・その動画の著作権所有者に「申し立てを撤回」してもらう

・異議申し立てを行う
 →著作権侵害に関する判断が「誤り」である場合に異議申し立て通知を提出する

・異議申し立ては「フェアユース」(一定の条件をみたすことで著作物の再利用が可能になること)でも行える
 →日本では法律化されていない

《一言》

YouTubeは、動画をアップロードするコミュニティになるので、どうしても「著作権」の問題が足を引っ張ることになります。

しかし、この問題を完全に無視してYouTubeに動画をアップロードし続けてしまうと、何度もペナルティを受けることになり、YouTubeを健全に利用することができなくなってしまいます。

YouTubeに動画をアップロードして、その広告収入を得ようと思うのであれば、著作権侵害をすること無く動画をアップロードし続ける事が必要になります。

しかし、中には「謂れ無き著作権侵害」という場合もありますが、これも無視してしまうとそのままペナルティとして扱われてしまいます。

その場合には「異議申し立て」を行い、正当な権利を主張する必要があります。

何にしても、YouTube側から何らかの通知が届いた場合には、すみやかに、確実に対処する必要があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ