YouTube動画の高評価・低評価やコメントを表示させない設定方法

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードした動画の「コメント」と「評価」の項目を視聴者に表示させない方法について解説している動画です。

レビュー★☆☆☆☆

《ここがオススメ》

コメントの非表示と評価の非表示の設定について、個別の動画における設定とチャンネル全体の設定の2種類の方法を解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①YouTubeのアカウントにログインする
 ↓
②自分がアップロードした動画の再生画面を開く
 ↓
③動画の下にある「情報と設定」をクリックする
 ↓
④「詳細設定」をクリックする
 ↓
⑤「コメントを許可」「この動画の評価をユーザーに表示」のチェックを外す 
 ↓
⑥「変更を保存」をクリックする
 
①クリエイターツールの画面にアクセスする
 ↓
②「コミュニティ」「コミュニティの設定」をクリックする
 ↓
③「新しい動画へのコメント」「チャンネルへのコメント」を「コメントを無効にする」にチェックを入れる
 ↓
④もしくは「チャンネル」「アップロード動画のデフォルト設定」をクリックし、「コメントと評価」の2つのチェックを外す

《一言》

YouTubeの動画には「コメント」と「評価」の項目があり、視聴者がコメントを入力したり、その動画を高く、もしくは低く評価することができます。

しかし、人によっては動画にコメントが表示される、および評価が表示されることを不服に思うかもしれません。

そこで、コメントと評価をその動画において表示しない方法があります。

コメントと評価の有無に関しては、個別の動画に設定する方法と、全ての動画に適用する方法の2種類があり、ユーザーの需要に応じて使い分けることが必要になります。

よほど他人の評価を過剰に気にする人でない限り、もしくは動画の内容が過激なものでない限りは、これらの設定はしないほうが良いかもしれません。

視聴者の側で見れば、「コメントが投稿できない」「評価をすることができない」という動画をどういった風に思うか、それを考えるとYouTubeで稼いでいこうと思うのであれば正しい選択ではないことは一目瞭然です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ