ムービーメーカーの音声編集 効果音や曲の挿入の仕方を解説

スポンサードリンク

ムービーメーカーを使って、音声のボリューム調整やトリミングなどの「音声編集」を行う方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

音声編集をするにあたっての実際に必要になる作業を全て実際に操作しながら解説しているところがわかりやすくてオススメ!

《この動画の要約》

【音声編集による効果】

・動画の雰囲気をある程度操作することが出来る

・ボリュームの調整によって見やすい(聞き取りやすい)動画にすることが出来る

・フェードインおよびフェードアウトによって違和感のない動画にすることが出来る

【音声編集の内容】

・音声のトリミング(必要な部分だけを抜き取る)

・BGMや効果音の追加

・一緒に録音されているボリュームの調整

・音声のフェードイン、フェードアウト

①ムービーメーカーを起動し、素材となる動画ファイルを読み込む
 ↓
②音声ファイルをムービーメーカーに読み込む
 ↓
③音声ファイルの部分をクリックし、「音楽ツール」を表示する
 ↓
④「分割」をクリックし、音声クリップをその部分で分割する
 ↓
⑤不要な部分を削除してトリミングを行う 
 ↓
⑥「音楽ボリューム」をクリックし、音声ファイルのボリュームを調整する
 ↓
⑦「フェードイン」「フェードアウト」の右のツールを操作し、音声ファイルのフェードインとフェードアウトの設定を行う
 ↓
⑧動画ファイルの音声については、「ビデオツール」で設定する

《一言》

YouTubeなどに動画をアップロードするにあたっては、撮影した動画をそのままアップロードするのではなく、「動画編集」を行うことで、動画のクオリティを格段に上昇させることが可能になります。

その際、動画そのものだけでなく、動画の音声や編集で追加する音声などを編集することで、見やすい、聴き取りやすい動画に仕上げることができます。

視聴者は、面白い動画や役に立つ動画を優先的に視聴し、チャンネル登録しますが、内容だけでなく「見やすい動画・聴きやすい動画」についても高く評価し、優先的に再生する傾向にあります。

そのための作業として、音声のボリュームを下げたり、不要な部分をカットして必要な部分だけ残すといった方法が必要になるのです。

方法によっては「蛇足」になりかねませんが、上手く活用すれば動画のクオリティを何倍にも跳ねあげることが可能です。

動画をアップロードする際には、音声編集についても意識しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ