YouTubeの収益1再生0.1円って本当?オレそんなに貰ってないよ。。

スポンサードリンク

YouTubeで再生されるほどに報酬が増える「アドセンス報酬」の単価等の話についての動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

YouTubeアドセンスの仕組みや、広告単価を増やしやすい動画の特徴等について実務的な内容も含めて解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・動画再生1回あたり0.1円・・・?
 →ケースによって異なる

・再生時間が数分だと0.03円あたりまで下落する

・再生時間が長く、おもしろい動画だと広告単価も高くなりやすい

・広告の表示回数が上がると急激に収益が跳ね上がる傾向にある

・再生回数に則さない広告単価も存在する

・YouTubeの広告は、企業に「競り」に出される
 →質の良い動画には高い広告費用を出す

・企業の決算期には広告単価が高くなる傾向にある

《一言》

結局のところ、YouTubeのアドセンス報酬の単価について、そこまであれこれと詮索し、検証することにはそこまでの意味は無いのです。

最終的には、視聴者が評価している動画をYouTubeの運営は評価し、それには高い広告単価が付けられる。

再生回数が多いほどに、少ない広告単価でもそれなりのアドセンス報酬が入ってくる。

結局は、質の良い、多くの人に再生されるような動画を沢山作る人が、アドセンス報酬を大量に入手できるということです。

「再生回数が云々だから・・・」「広告単価が云々だから・・・」というように、工夫の方向性があさっての方向を向いている人に、多額のアドセンス報酬が入ってくるようなことはないのです。

誠実に動画を作り、数多くアップロードし、チャンネル登録者数を増やし、視聴者や運営に認められる動画やチャンネルを構築する人が、多くのアドセンス報酬を得られるのです。

報酬のために動画の内容をいじるようなことをするよりは、いかにしてガイドラインに違反しない動画を継続的に作っていけるか、再生回数を増やせるような内容・工夫(拡散)をすることが出来るのか、そうしたところに注力するほうがよほど健全ですし、近道となります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ