複数の音声を結合して保存できる「Freemake Audio Converter」の使い方

スポンサードリンク

複数の音声ファイルを結合し、一つの音声ファイルとして出力することが出来る無料のツール「Freemake Audio Converter」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

Freemake Audio Converterの基本操作だけでなく、実際にFreemake Audio Converterを使った結果どういった音声ファイルになるかを紹介しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①Freemake Audio Converterをダウンロードする
 ↓
②インストールを行う
 ↓
③Freemake Audio Converterを起動する
 ↓
④「オーディオ」をクリックし、音声ファイルを読み込む(ドラッグ&ドロップでもOK)
 ↓
⑤「ファイルを結合」をONにしておく 
 ↓
⑥出力したい音声形式を選択する
 ↓
⑦出力に関する設定を行い、保存を行う

《一言》

動画編集等において、規定の音声ファイルをBGMや効果音のような使い方で使用することができますが、常に一緒になって使用する音声ファイルの場合、それを複数の音声ファイルではなく、結合された単一の音声ファイルにすることで、音声ファイルの管理や運用がしやすくなる場面が増えてきます。

ただし、結合した音声ファイルは単一の音声ファイルになるので、分割したい場合は別の音声編集ソフト等を利用して分割しなければならなくなります。

なので、結合の材料となった複数の音声ファイルは残しておき、結合前と結合後のファイルを共存させておくと、動画編集の幅を狭めることなく、その利便性だけを高めることができます。

動画編集ソフトでも似たようなことはできるので、常に使用するようなツールではないように感じますが、出力形式を選ぶことも出来ることを考えれば、ある程度の利便性はあるのではないかと思います。

動画編集に際してさまざまな音声ファイルを利用する機会の多い人ほど、音声ファイルの結合機能は利用価値があるのではないかと思います。

どちらにせよ、無料で利用できることを考えれば、使ってみて損なことは無いでしょう。

元になる音声ファイルを間違って消さないこと、音声ファイルが増えることによる管理の煩雑さなどには十分に気をつけて、音声ファイルの運用をより高い水準に引き上げましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ