アイフォンの画面をパソコンに移してキャプチャーする「Reflector」の使い方

スポンサードリンク

アイフォンの画面をパソコンに表示させ、キャプチャーすることが出来るツール「Reflector」の使い方について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

Reflectorの導入方法などを端的に、わかりやすく解説しているところが初心者向けでありオススメ!

《この動画の要約》

①Reflectorをダウンロードする
 ↓
②Reflectorを起動し、必要な設定を行う
 ↓
③アイフォン側で「ミラーリング」の設定を行う

《一言》

非常に簡単な手順で、アイフォンの表示画面をパソコンに表示させ、キャプチャして動画ファイルにすることが出来るツールです。

最近は、パソコンゲームやPS4のゲームだけでなく、スマートフォンのゲームアプリも大変な人気を集めており、YouTubeでのアドセンス報酬を獲得する手段として最適な方法の一つです。

ゲームの技量はさておき、スマートフォンさえあればスマホのゲームアプリをダウンロードし、プレイすることは誰にでもできます。

これを動画にする方法の一つとして、パソコンに画面を転送し、動画ファイルとして保存する方法です。

最近でも、新しいスマホゲームは数多くリリースされています。

話題を集めやすく、再生回数を稼ぐことでアドセンス報酬を増やすことが容易です。

特に、ネットビジネス初心者は動画作成のテクニックも稚拙であり、あまり編集することなく動画として成り立ちやすいゲーム実況は、是非とも参入したいジャンルの一つです。

最悪の場合は、編集なし、実況無しでも動画としては成り立ちますが、できれば「声の実況」か「字幕実況」のどちらかが無いと、実況動画としては成り立たず、魅力も減衰します。

どちらの方法が自分に適しているかを判断し、それを基にして動画編集を行うと良いでしょう。

動画編集ソフトに関しては当サイトでもツールの基本的な使い方から高等なテクニックまで、さまざまな情報を掲載しておりますので、ゲーム実況や動画編集に興味がある人はそちらの方も参考にしながら、魅力的なゲーム実況動画を作ってみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ