VideoPadで動画のタイトルと字幕テロップを縦書きにする方法

スポンサードリンク

VideoPadのテロップ表示において、本来は搭載されていない「縦書き」を実現する方法について解説している動画です。

動画:ここに動画がはいります。

《ここがオススメ》

縦書きを表示させる基本的な内容だけでなく、一度に2行以上表示させる際の位置の変更についても細かく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①背景にする動画か画像をタイムラインに配置する
 ↓
②「プロジェクトに新しい文字クリップを追加」をクリックする
 ↓
③テキストを入力し、改行して縦書きの状態にする
 ↓
④「OK」をクリックする
 ↓
⑤タイムラインにテキストを挿入する 
 ↓
⑥「クリックして文字属性のダイアログを表示」をクリックし、文字の編集を行う
 ↓
⑦2行目以降を作成する場合は、同じ手順で文字クリップを作成し、挿入する
 ↓
⑧テキストの編集および表示位置を変更する
 ↓
⑨「動画エフェクトの追加または編集」をクリックする
 ↓
⑩「追加」「位置」をクリックし、表示位置を細かく設定する

《一言》

この方法以外にも、縦書きにする方法は考えられますが、特にプラグイン等を導入することなく、Videopadの機能だけで縦書きにする方法としては有効な手段です。

要するに、「横書きの機能のまま」「改行によって縦書きに見える」ようにするというのが、今回の動画で紹介されている方法です。

例えば、動画内で用いられている「思い出」の場合だと、

思(1行目)
い(2行目)
出(3行目)

という風にして、あたかも縦書きであるように見せかけているのです。

単純な方法であり、文字数が少なければそこまで苦労もない方法です。

ちょっとした「縦書きのタイトル」であれば、時間をかけることなく実現することが可能になるでしょう。

問題となるのは「一度に大量に表示させたい場合」「文字数がやたらと多い場合」です。

この場合は、時間をかけるか、諦めるか、別の方法を探すといった手段を講じる必要があります。

何にしても、簡単に縦書きにできる方法があるというのは、動画編集の際にその手段の幅が広がって良いのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ