パワーポイントのスライドショーでYouTube動画を作る方法

スポンサードリンク

パワーポイントの保存機能を利用し、スライドショーをそのまま動画ファイルとして出力することが出来る機能について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

パワーポイントのデータをそのまま動画ファイルにするにあたって、どういった手順で保存を行えばよいのかを合成音声を使いながら解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①事前にスライドショーの記録を行う
 ↓
②「ファイル」をクリックし、「保存と送信」をクリックする
 ↓
③「ビデオの作成」をクリックする
 ↓
④ビデオのサイズを設定する
 ↓
⑤「ビデオの作成」をクリックする 
 ↓
⑥ファイル名を指定して保存を行う

・wmv形式なので、YouTubeへのアップロードが可能になります。

《一言》

当サイトでもいつくか紹介していますが、スライドショーを解説動画のための媒体として活用している場合も多いです。

最も手軽な方法であり、文字やイラストを使って解説を行うのに適している方法であるといえます。

いくつか作成方法はありますが、今回のようにパワーポイントの一つの機能としてスライドショー動画を作成する方法があります。

ソフトウェアが持つ正式な機能の一つなので、きちんとした動画ファイルを作成することができます。

しかも、保存形式がYouTubeにアップロードできるものなので、そのままアップロードすることも可能です。

何かと便利な機能であり、人によっては使う機会が多くなるのではないでしょうか?

スライドショー動画なので、ある程度は利用範囲も狭められてしまいますが、解説動画などにも活用できますので、興味がある人は是非とも利用してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ