Youtubeのプライバシー設定 公開・限定公開・非公開について解説

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードした動画の公開設定について、「公開」「限定公開」「非公開」の3つの種類について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

「公開」「限定公開」「非公開」ごとに、どういった状態になるのかをそれぞれのパターンごとに解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・YouTubeには「公開」「限定公開」「非公開」がある

・「公開」では検索結果に表示される

・「限定公開」の場合は、URLを知っている人にだけ見せることが出来る

・「非公開」の場合は、動画を公開しない

・アップロードの際に設定できる

・YouTubeのトップ画面から「マイチャンネル」「動画の管理」から設定を変えたい動画の「編集」をクリックし、右下にある公開設定の部分で設定を変更できる

《一言》

YouTubeにアップロードした動画は誰でも見れる状態だけでなく、動画のURLを知っている人であれば視聴することの出来る「限定公開」、自分が指定した人しか見ることができない「非公開」という状態も設定することができます。

これに関しては、その動画がどういった性質を持っているかで大きく変わるものであり、広く一般に公開してアドセンス報酬を得たいのであれば「公開」に設定し、見る人を限定的なものにしたい場合には「限定公開」や「非公開」がオススメの方法です。

ネットビジネスにおいても、これらの公開設定を使い分けることで、自分のビジネスに最適の公開設定が可能になります。

「設定を間違えてしまった」もしくは「その動画の利用価値の性質が変わった」といった場合には、後から設定を変更することもできるので安心してください。

YouTubeはさまざまな形でネットビジネスに応用できる媒体であり、アドセンス報酬を得るだけがYouTubeの稼ぎ方ではないのです。

とは言え、ネットビジネス初心者の場合は動画の再生に伴うアドセンス報酬が一般的な稼ぎ方となりますので、この機能はそこまで使わないかもしれませんね。

今の時点ではとりあえず「こんな機能があって、こんな使い方ができるんだ」ということだけ覚えておけば十分でしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ