YouTubeの限定公開や非公開の動画を特定の人に見せる方法

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードした動画の公開設定の解説と、限定公開・非公開時に特定の人にだけ動画を視聴してもらう方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

限定公開と非公開に設定した時に、どういった方法で動画を観てもらうのか、観てもらう側の立場でも操作を解説しているところがわかりやすくてオススメ!

《この動画の要約》

・YouTubeには「公開」「限定公開」「非公開」を設定できる

・限定公開ではURLを知っている人にだけ見せることができ、非公開は誰にも見られない

・限定公開は、動画URLを送信することで観てもらうことが出来る

・非公開の場合、メールアドレス等を入力することでその人にだけ観てもらうことが出来る
 →すぐには反映されない場合もある

《一言》

YouTubeの動画は、アップロードしたものを誰にでも見るように出来る状態以外にも、「限定公開」と「非公開」という設定も可能です。

この2つの違いについては、「Googleアカウント」が大きく関わることになります。

非公開の場合、自分が指定するGoogleアカウントを持っている人にだけ後悔することができますが、限定公開の場合はその媒体が「動画URL」なので、URLが公開されることで誰にでも視聴可能な状態となります。

絶対に特定の人にだけ動画を見せたいという場合には、非公開に設定して特定のアカウントに情報を送信することが必要になります。

この方法はアドセンス報酬を得る上では「公開」に設定するのが良いのですが、ネットビジネスにおいては特定の人にだけ見せたい内容となる動画も登場します。

例えば、ネット教材のように、購入者や登録者にだけ見せたいという場合には、公開してしまうとその意味がなくなってしまいます。

アドセンス報酬を得たいのか、その他の媒体で稼ぎたいのかによって、公開設定を使い分けることが必要になります。

設定時にきちんと公開設定を選択し、適切な処置を行うことで、YouTube動画をより高い利便性で利用することが可能なのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ