YouTubeアドセンス停止の条件と回避する方法について解説

スポンサードリンク

YouTubeアドセンス停止の条件と、それを回避する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

アドセンスの停止条件やその影響、回避方法などYouTubeアドセンスで稼いでいくうえで必要になる知識を全て解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・YouTubeアドセンスが停止されると、収益の無効化と6ヶ月の利用禁止のペナルティ
 →ブログアフィリエイトには影響しない

・「禁止コンテンツ」「コンテンツIDのブロック」「著作家に半の通告受理」が停止条件

・コンテンツIDには「第三者コンテンツと一致」「一部の国で禁止」「全世界で禁止」というランクがある

・著作権違反は「親告罪」

・「事実の報道」「公人の発言」は著作権違反にならない

・テストアップロードを行う

・1回アウトを食らったら動画のアップロードをやめる

・2回のアウトでチャンネルを削除する

・チャンネルが大きくなるほどに目は厳しくなる

《一言》

YouTubeで稼いでいくうえで、何らかのペナルティを受けてしまうことはあり得ます。

特に、チャンネルが大きくなるに従って視聴者数が多くなっているので、多くの人の目に触れるということになります。

そうなると、それだけ通報を受けやすくなります。

本人はガイドラインに違反する動画を作っていないと思っていても、どこかの部分で違反している、もしくは違反しているのではないかと思われることは考えられます。

何度もペナルティを受けてしまうと、アカウントに何らかのデメリットが生じることになり、健全にYouTubeで継続的な稼ぎを生じることが難しくなります。

本人に何の咎もない場合でも、何らかのペナルティが課せられる可能性がありますので、その際には早めに対処をすることが重要です。

そうすることで、仮に何らかのペナルティを受けても、その後のアドセンス報酬への影響を最小限に抑えることができます。

完全に予防することは不可能であると言えますが、対処自体は決して難しいものではありません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ