YouTubeで通報されたりBAD評価の付きやすい動画について解説

スポンサードリンク

YouTubeの機能の一つ「BAD評価」が付けられやすい動画の特徴について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

BAD評価のつきやすい動画の種類だけではなく、BAD評価が付けられることでどういったデメリットが発生するのかについても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・BAD評価を付けられると何かと不都合

・問題がなくても通報されやすくなる

・DQNが写っている動画はBAD評価が付けられやすい

・テキストのみのニュース動画はBADが付けられやすい

・グロ系の動画はBADががつきやすい

《一言》

理由がどうであれ、視聴者が「不快だ」と思った動画にはBAD評価が付いてしまいます。

評価がつくだけだと思ったら大間違いで、実際にその後の視聴回数や動画の削除に関する行動などにも反映しやすくなり、YouTubeで健全に稼いでいくことが困難になってしまいます。

そうならないためには、視聴者が不快に思わない動画を作ることです。

もちろん、人によっては何が不快に感じるかは異なりますが、多くのBADが付かなければ良いというだけなので、多くの人にとって不快に感じない内容であれば問題ありません。

場合によっては、動画の傾向そのものに問題がある場合もあり、そうなると全体的にBAD評価がつきやすくなってしまいます。

あまり傾向が似通っていない場合、BAD評価がつきやすい動画とそうでない動画の違いを冷静に分析し、BAD評価の付いている原因を特定して再発の防止に当たりましょう。

決して難しいことではないので、可能な限り多くの人に受け入れられる動画作りを目指しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ