テレビ動画のアップは著作権違反?違反動画と違反でない動画の違い

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードする動画を作成するにあたって、テレビ番組はどういった扱いを受けるのかについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

動画投稿に再する著作権違反のペナルティや、著作物の定義などの実用的な情報を詳しく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・テレビ番組などの全てが著作物に該当するわけではない
 →著作物=思想や感情を表現したもの

・「事実の報道」は著作物には該当しない

・YouTubeにアップロードすることをテレビ局が嫌がっている
 →削除依頼が出る

・著作権には抵触しなくても削除の対象となる

・3回削除でアカウント停止される
 →1回でもそれなりの制限を受ける

・さまざまな種類の動画を作る勉強になると考える

・「ラジオ」を使った動画作成
 →著作権には抵触しない

・テレビ局に比べてラジオ局はそこまで削除依頼を出さない

・「勉強」して著作権について考える
 →教材などを利用するのがオススメ

・テレビ番組は使わないほうが無難
 →アカウントに傷がつくから

《一言》

YouTubeに動画をアップロードして、アドセンス報酬で稼いでいく方法を継続するにあたって、最も注意しなければならないことは「著作権」に抵触するかしないかというところです。

これに抵触してしまうと、YouTudeで健全に稼いでいくことが困難、もしくは不可能になってしまいます。

厳密に著作物や著作権について調べた結果、使用した媒体が最終的には著作権位牌と同レベルの制裁を受けるとうこともありますので、少なくともテレビ番組には手を出さないほうが無難であると言えます。

テレビ番組を使わなくても稼げる動画を作る方法はいくらでもありますので、わざわざ危険な方法を選択する必要もないでしょう。

ゲーム実況だったりレビュー動画だったり、人気のジャンルはいくらでもあります。

そうした健全な動画で再生数を稼ぎ、チャンネル登録者数を稼いでいけば自ずと稼ぎも増えていきます。

最初のうちはどうしても稼げませんが、良質な動画を量産していけばそのうち嫌でも稼げるようになるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ