「VideoShow」の使い方 スマホで撮影した動画を編集してアップするアプリ

スポンサードリンク

スマートフォンで撮影した動画や写真を使って動画編集を行うアプリ「VideoShow」について解説している動画です。

レビュー★★★★☆

《ここがオススメ》

VideoShowの持つすべての動画編集機能について、実際にその機能を使いながら解説しているところがわかりやすくてオススメ!

《この動画の要約》

①VideoShowをインストールする
 ↓
②VideoShowを起動する
 ↓
③「ビデオを編集する」をタップする
 ↓
④動画ファイルのフォルダを選択し、動画ファイルを選択して読み込む
 ↓
⑤「テーマ」で全体のイメージを変更する(BGMやフレームなど、自由度はない) 
 ↓
⑥「フィルタ」をタップし、見た目の変化を行う
 ↓
⑦「音楽」をタップし、BGMを設定する
 ↓
⑧「プロ編集」をタップする
 ↓
⑨「クリップを追加」をタップし、新しい動画ファイルや写真データを追加する
 ↓
⑩「クリップ編集」をタップし、トリミングや回転、削除を行う
 ↓
⑪「サブタイトル」をタップし、画面内に表示させるテキストを入力し、編集する
 ↓
⑫「ステッカー」をタップし、スタンプを挿入する
 ↓
⑬「トランジション」をタップし、クリップの間の表現方法を設定する
 ↓
⑭「音楽」をタップし、再生位置を調整する
 ↓
⑮「ダビング」をタップし、マークをタップしながら声を録音する
 ↓
⑯「フィルタ」をタップし、見た目の設定を行う
 ↓
⑰「クリップを描く」をタップし、画像を編集してクリップを作成する(写真撮影も可能)
 ↓
⑱「描画」をタップし、クリップ内にイラストを挿入し、編集する(モザイクも可能)
 ↓
⑲矢印のマークをタップし、全画面で確認する
 ↓
⑳右上のマークをタップし、動画を保存する
 ↓
㉑実行方法を選択する(動画の再生、共有など)
 ↓
㉒最初の画面に戻り「フォトビデオ」をタップする
 ↓
㉓画像ファイルを選択し、スライドショーを作成する(基本操作は動画編集と同じ)
 ↓
㉔「素材ストア」をタップし、必要に応じてスタンプの購入等を行う
 ↓
㉕「ツールボックス」から「高速トリミング」をタップし、トリミング作業だけを行う
 ↓
㉖「ツールボックス」から「動画からMP3」をタップし、動画から音声を抽出する
 ↓
㉗「ツールボックス」から「動画を圧縮」をタップし、動画の圧縮を行う
 ↓
㉘マイスタジオをタップし、作成した動画を確認する

《一言》

スマートフォンだけで一通りの編集作業が可能なのは、パソコンへのデータ転送の手間が省けるので便利です。

動画をスマートフォンで撮影するという人の場合、よほど凝った編集をしないかぎりはこうしたスタンダードな動画編集アプリを使って動画編集を行うことで、時間短縮を図るのが最適な方法であると言えます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ