iPhoneのSafariで邪魔なネット広告を消す「F-Secur AdBlocker」の使い方

スポンサードリンク

アイフォンのインターネットブラウザ「Safari」で表示される広告の表示をブロックすることが出来る無料のアプリ「F-Secur AdBlocker」について紹介している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

AdBlockerにはどういった機能があり、最初にどういった設定をしなければならないのかをきちんと解説してくれているところがオススメ!

《この動画の要約》

①F-Secur AdBlockerをインストールする
 ↓
②設定画面から「Safari」を選択する
 ↓
③「コンテンツブロッカー」をタップする
 ↓
④AdBlockerをオンにする

《一言》

画面上に広告が表示されることで、間違えてそのポップアップをタップしてしまい、別のページに飛ばされることで情報を調べる際のじゃまになってしまう事例が少なくありません。

場合によっては、急いで何かを調べたい時などに、その妨げとなってしまう可能性も否定できません。

そこで有効なのが、無料で利用できる「F-Secur AdBlocker」です。

ネットで調べ物をする際に表示される、余計な広告を選んでブロックすることが出来るアプリです。

設定も簡単で、数分ほどの初期設定を行うだけで、以降は細かい操作等を必要とする事無く広告の表示をブロックすることが可能になります。

無料で利用できるというところも、ネットビジネス初心者にとっては嬉しいステータスになります。

特に初心者の場合は、ネットビジネスに関するさまざまな情報を調べるために、インターネットを利用する機会が多いでしょう。

その際に広告の存在がじゃまになり、調べ物にかかる時間が長くなってしまうと、肝心の作業時間が確保できなくなる可能性も否定できません。

快適なインターネットライフと、必要な作業時間の捻出のためにも、こうしたツールは積極的に取り入れるようにしましょう。

もし何らかの理由で邪魔になった場合には、そのアプリをアンインストールすれば良いだけなので、不可逆ではないところも初心者には気軽なことですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ