YouTubeの埋め込みコードをカスタマイズしてカッコよく表示させる方法

スポンサードリンク

YouTubeの動画をサイトに埋め込む際に特殊なステータスを付与するためのコードについて解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

どんな見た目の変化をするのかという点について、動画の右側に表示させているので理解しやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

・各ページにYouTube動画を埋め込むにあたり、動画URLの後ろに「?」を付けて下記のコードを追加することで、表示される動画の外見を変えることが出来る

・他のパラメータを複数個追加する場合は「&」を付けて追加していく

・関連動画を表示させない = rel=0

・自動的に動画を再生させたい = autoplay=1

・YouTubeのロゴを表示しない = modestbranding=1

・タイトルバーを表示しない = showinfo=0

・コントロールバーを表示しない = controls=0

《一言》

自身のサイトにYouTube動画を貼り付ける場合、どうしてもYouTube動画っぽい見た目が気になってしまう人もいます。

そこで、コードを追加してから埋め込むことで、いくつかの「見た目の変化」などをもたらすことができます。

一手間加えるだけでYouTube動画の見た目が変化するので、是非とも利用してみてください。

各コードは覚えられれば良いのですが、難しい場合にはメモ帳にでも記載してコピペできるようにしておくのも良いでしょう。

サイトに貼り付ける目的で使うので、大抵の場合は気に入った複数のステータスをいつも同じように使うと思います。

その場合は、「&」を含めたコードとして記載しておき、1回のコピペで複数のコードを貼り付けられるようにしておくと手間が少なくなります。

中には、追加することで何かしらのデメリットが発生する場合もあります。

もし、そのサイトの掲示板等でその点が指摘され、多くなった場合にはきちんとその対策として追加するコードの増減を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ