Aviutlで動画の編集中に音声が出なくなった時の対処法

スポンサードリンク

AviUtlで編集中の動画の音声が再生されなくなった際の対処法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

どういった原因で音声が再生されなくなってしまったのかを踏まえながら解決策を解説し、その他の音声ミュートの原因についても言及しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①AviUtlに動画を読み込んだ時点で右クリックし、「グループ解除」を選択する
 ↓
②音声ファイルのダイアログの「動画との連携」のチェックを外す
 
《一言》

何らかのツールを使用する際に、動作の関係で予期せぬ結果を生み出すことがあります。

パソコンに対して致命的な障害をもたらすようなことは稀ですが、少なからず自分の予期しない状態になってしまえば、ネットビジネスにおいても決して良いものであるとは言い難いです。

特にムービーメーカーなどの動画編集ソフトは、せっかく苦労して作り上げた動画編集を台無しにしてしまうことも考えられます。

原因が何であるのか、少なくとも分類としては「機能の問題」と「バグ」が考えられます。

機能の問題は、複数の機能を持つツールが、その機能が相互的に働くことで予期せぬ結果を生み出すことです。

これに関しては、同時に使用してはいけない機能を使っていたり、逆に使わなければいけない機能や設定を無視しているといった原因が考えられますので、対処すればすぐに解消できます。

バグの場合、素人にはどうしようもないのですが、無料のツールだとアップデートの保証もないので、場合によってはそのビジネスにおいてそのツールを使えなくなってしまいます。

あるいは、ビジネスの根幹となるツール・機能の場合、ビジネスそのものを考えなおさなければならなくなります。

何が原因であったにしても、まずはその原因を特定するところからはじめなければなりません。

有効な方法としては、キーワード検索をかけることです。

例えば「ムービーメーカー 動かない」といったように、発生しているトラブルに関するキーワードを検索してみると、過去に同じ事例に陥った人が対処法を掲載していることがあります。

あるいは、ネット上の質問掲示板(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)で聞いてみても良いかもしれません。

ただし、すべての事例に何らかの対処法があるとは限りませんし、あるいは自分のパソコンに問題が生じているのであれば、この方法では解決できません。

何にしても、問題となることが全てのネットビジネスの根幹に関わるものではない限りは、リスク分散で別のビジネスに注力することも視野に入れましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ