Aviutlの拡張編集で動画をトリミング(クリッピング)する方法

スポンサードリンク

AviUtlの拡張機能を使用し、動画の一部分だけを表示させるテクニックである「クリッピング」の機能について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

クリッピングをする際に必要な操作と、画像を表示させてその部分をクリッピングする方法まで解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①AviUtlを起動し、動画を読み込む
 ↓
②動画のダイアログで右上の+マークをクリックし、「クリッピング」を選択する
 ↓
③上下左右のトラックバーを調整し、動画の表示範囲を指定する
 ↓
④「中心位置を変更」にチェックを入れて、中心位置に指定する
 ↓
⑤プレビュー画面を確認し、動画の位置を調整する 
 ↓
⑥「動画」および「音声」をレイヤー2と3に移動し、レイヤー1に四角形の図形を入れる
 ↓
⑦動画のレイヤーで右クリックし、「上のオブジェクトでクリッピング」を選択する
 ↓
⑧四角形でクリッピングされるようになるので、クリッピングしたい範囲を四角形の操作で指定する
 ↓
⑨+マークをクリックして「アニメーション効果」をクリックする
 ↓
⑩「図形の種類」で「簡易変形」を選択する
 ↓
⑪プレビュー画面で操作し、図形の形を調整する
 ↓
⑫画像ファイルをダイアログにドラッグ&ドロップする

《一言》

動画編集において、特殊な効果を付加することでオリジナリティの増す動画編集を行うことができます。

今回の動画では、動画の再生する部分を指定する方法を解説しています。

動画を見ていただければわかると思いますが、テレビなどで見かけるような、一定の形の部分だけが表示されている加工を施すことができます。

しかも、画像ファイルの形でもクリッピングすることができるので、面白い見た目にすることができます。

形は時にメッセージ性を持つ効果を保有しますので、何らかのテーマがあればそれに即した図形でクリッピングをすると、視聴者にも伝わりやすいかと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ