画像編集ソフトGIMPでチャンネルアートを作成・設定する方法

スポンサードリンク

無料の画像編集ソフト「GIMP」を使って、YouTubeのチャンネルアート用の画像ファイルを作成する方法について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

GIMPでの画像作成の手順だけでなく、YouTubeのチャンネルアートの設定方法も一緒に解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①GIMPをインストールし、起動する
 ↓
②「ファイル」から「新しい画像」をクリックする
 ↓
③幅を1546、高さを423に設定する
 ↓
④画像を作成する
 ↓
⑤画像を保存する
 ↓
⑥新しい画像を開き、幅2560、高さ1440に設定する
 ↓
⑦背景を塗りつぶす
 ↓
⑧先ほど保存した画像を読み込む
 ↓
⑨「ファイル」から「エクスポート」をクリックする
 ↓
⑩YouTubeのチャンネルの画面に移動し、「チャンネルアートを追加」をクリックする
 ↓
⑪作成した画像を読み込む
 ↓
⑫公開設定を行う

《一言》

チャンネルアートは、自身のYoTubeのチャンネルの玄関口、その最初に目にすることになる画像を表示させる事になります。

これを設定しないとYouTubeを利用できないというわけではありませんが、やはり大手のYouTuberともなると、オリジナルの手の込んだチャンネルアートを設定していることが多いです。

チャンネル名や、どんなチャンネルのイメージなのかをひと目で看破させることができるので、やはりYouTubeで本格的にかせいでいこうと考えているのであれば、チャンネルアートを設定することが必要になります。

お店にだって看板やロゴが表示されているのと同様に、チャンネルアートも、そのチャンネルのシンボル、代名詞のような存在として機能することで、多くのチャンネル訪問者およびチャンネル登録者を集めることが出来るようになります。

凝ったものだとそれなりに時間がかかりますが、オリジナルのチャンネルアート(用の画像ファイル)を作成することは、決して難しいことでもないし、プロが使うような高価な画像編集ソフトも不要です。

GIMPはさまざまな画像の編集に最適な多機能型、しかも無料でインストールすることが出来る優秀なソフトです。

ただし、そこまで直感的に操作ができるわけではないので、最初のうちは使用感がつかめないかもしれませんね。

その点の練習も必要ですので、是非とも自分でオリジナルのチャンネルアートを作ってみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ