ゲーム実況動画でゲームと実況者を同じ画面に表示させる方法

スポンサードリンク

ゲーム実況動画で、プレイヤーのプレイの様子とゲーム画面を同時に表示させる方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

動画編集ソフトでの編集方法だけでなく、撮影に必要な機材などについても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①録画した動画ファルを2つ読み込む

②開始時点を合わせる

③2つの動画をタイムラインに移動させる

④ゲーム画面の方を範囲指定し、もう一つの動画の端の位置に来るように合わせる

《一言》

作業内容のほとんどが詳しい解説をしていないのでわかりにくいかもしれませんが、要するに「自分を撮影している動画とゲーム画面を映している動画の両方を同時に撮影する」「動画編集ソフトに両方とも読み込む」「片方をワイプにしてもう片方の動画の一部として編集する」といったところでしょうか?

要するに、自分とゲーム画面の2種類の撮影を可能にするだけの撮影環境と、動画編集ソフトがあれば、誰にでもカンタンにできる方法なのです。

一つだけ問題点としては、動画の表示を同時点に合わせる、つまり、ゲーム画面を操作したらゲーム画面の方も動いていないとラグが発生して不自然になってしまいます。

重要なのは「開始時点を合わせる」ということで、幾つかの方法があります。

どこかわかりやすい点を見つけ出して、2つの動画のタイミングを同期させましょう。

あとは、動画の編集を必要な分だけ行い、書き出せば完了です。

専用の撮影機材が必要にはならず、自分を撮影する機材とスマートフォーンなどの撮影をする機材もしくはアプリケーションを用意しておけば問題ありません。

顔出しの実況において、ゲーム画面を同期させることでプロ仕様の動画のクオリティに見えますが、実際には少しの手間だけで簡単に作れてしまうのです。

どうやってワイプを表示するかについては、使用する動画編集ソフトによって異なりますので、その方法は各自きちんと把握しておきましょう。

当サイトでもいくつかの動画編集ソフトでのワイプの表示方法を解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ