JPEG画像の背景を透明にして透過PNGファイルに変更できる「手軽に透明png」の使い方

スポンサードリンク

JPEG画像の背景部分を簡単に透明に加工する無料のツール「手軽に透明png」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

基本的な操作方法以外にも、誤差許容度や不透明度などの付随する操作についても実際に結果を表示しながら解説しているのでわかりやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

①手軽に透明pngのサイトにアクセスし、インストールを行う

②手軽に透明pngを起動する

③対象となる画像を読み込む

④「塗りつぶしモード」が選択されていることを確認し、透明化したい部分をクリックする

⑤「誤差許容度」を調整し、塗りつぶしの精度を向上させる

⑥「不透明度」を調整し、塗りつぶしの際に半透明にすることができる

⑦画像を保存する

《一言》

ネットビジネスを続けていく中で、動画の素材やブログへの貼り付けなどで「画像」を使う機会も増えていくかと思います。

ネット上には、さまざまな画像ファイルが公開されていて、中にはフリー素材で商用利用可能なものも多いです。

最初から背景が透明な素材であれば利用しやすいのですが、実際には背景が白くなっていることが多く、このままでは使用することができない場面も多いです。

特に、背景がしっかりと表示されてほしい動画の素材として使う際には、画像とは無関係の背景を透明にする必要があります。

今回の動画で解説しているソフトは、素人でも簡単に、しかも細かい作業をほとんど必要とすることなく画像の背景を透明にすることができます。

背景が映っていても問題ないような使い方であれば良いのですが、素材としてはやはり不要な部分を透明化したほうが、何かと使い勝手が良くなります。

無料で利用でき、しかも簡単操作で背景を透明にすることができるので、ネットビジネス初心者でも本格的な画像の切り抜きが可能になります。

さまざまな場面で活用することができる素材として加工することができますので、是非とも活用していきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ