無料の効果音をダウンロードして動画編集に使うdocumentsアプリの使い方

スポンサードリンク

効果音をダウンロードし、動画編集アプリで動画内に効果音を挿入することのできる無料アプリ「documents」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

動画内にテロップが入り、どこを操作するのか等の情報がわかりやすいところが初心者向けでありオススメ!

《この動画の要約》

①documentsをインストールする(無料)

②documentsを起動する

③右下のマークをタップする

④フリー効果音を検索する

⑤効果音をダウンロードする

⑥ダウンロードした音声ファイルを開き、右下のマークをタップする

⑦「開く」をタップする

⑧使用する動画編集アプリを選択する

⑨編集画面の「+」マークをタップし、右下の「ファイル共有」をタップする

⑩ダウンロードした効果音を選択して読み込む

《一言》

動画編集を行うにあたっては、適当なところで効果音を入れると、動画が盛り上がります。

例えば、注目してほしいところに、テロップと一緒に効果音を入れることで、その部分への注目が集まるようになります。

また、単純に面白い効果音を選ぶことで、動画のクオリティを少しでも上げるという使用方法があります。

どういった使い方にしても、よほど多用しすぎてわけがわからなくなるような使い方をしないかぎりは、動画のクオリティを上げることができます。

気に入った効果音は、ダウンロードして使い回すことで効果音を探す手間が省けます。

また、気に入ったダウンロードサイトがあればブックマークしておくことで、新しい効果音を探す手間も省けます。

効果音を入れるというアクションは、そこまで手間がかかるようなものではありません。

著作権や公序良俗に反するような効果音を入れてしまうのは流石に問題なのですが、フリー素材等でそういった問題が起きないものであれば、好きな効果音をダウンロードし、動画を彩ってみましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ