iMovieで声や音に合わせて字幕テロップを入れる方法

スポンサードリンク

動画編集ソフト「iMovie」で、動画内にテロップを表示させたりその際に効果音を設定する方法などについて解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

テキストの表示方法について、最低限の内容をわかりやすくまとめていて見やすくなっているのがオススメ!

《この動画の要約》

①iMovieの画面右下の「T」のマーク(テキスト)をクリックする

②表示方法のウインドウをタイムラインにドラッグ&ドロップする

③テキストを入力する

④フォントを変更する

⑤タイムラインのテキストのバーをドラッグし、テキストの表示時間を設定する

《一言》

動画にテキストを表示させることで、様々な効果を実現することが可能になります。

例えば、動画に登場する機材や専門用語を正確に把握してもらうために、その名称をテロップで表示したり、言葉の意味や補足説明などを入れることができます。

また、滑舌が悪い人が、自分の言っていることを正確に聴きとってもらうために使ったり、単純に面白さを増大させるために使うといった方法もあります。

何にしても、テロップの有る無しで動画のクオリティは大きく変わってきます。

大抵の動画編集ソフト・アプリには、テキストを表示させる機能が搭載されています。

ただし、種類によってはテキストの表示方法に自由度が無かったり、限定的な機能しか搭載されていない場合もあります。

その場合は別の記事でも紹介していますが、別のソフト・ツールを用いることで補完するという方法もあります。

様々な場面でテロップは役に立ちますので、自分が使用する動画編集ソフトではどういった方法が適切なのか、どういった機能までなら搭載されているのかについては正確に把握しておきましょう。

ちなみに、動画内で登場している「オーバークロック」ですが、パソコンの処理速度を早めることができる反面、発熱や消費電力の増加、パーツの消耗速度の上昇などのデメリットが有ります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ