iMovieでオリジナルの字幕テロップを表示させる方法

スポンサードリンク

iMovieでオリジナルの字幕テロップを表示させる方法として、複数のツールを使って実現する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

画像の切り抜きなどに必要なアクションの中で、可能な限りショートカットキーを解説しているところが初心者向けでオススメ!

《この動画の要約》

①iMovieを起動し、動画を読み込む

②カット編集等を行う

③「KEYNOTE」を使い、テロップを作成する(影なども付けられる)

④イメージを書き出す

⑤プレビューで背景を消去する(コマンド+X)

⑥文字の周りを範囲選択し、「コマンド+K」で切り抜き保存する

⑦iMovieに画像を読み込む

⑧テロップを選択して、右上の「調整」から「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択する

⑨「フィット」を選択する

⑩テロップのサイズを調整する

《一言》

要するに、背景が切り抜かれているテキスト画像を用意し、それをiMovieに読み込んでからワイプのような形で動画に表示させる方法となっています。

なるほど、たしかにこの方法後オリジナルのテキストを字幕テロップとして表示させることができるのです。

このように、単一のソフトでは実現することのできない視覚効果でも、複数のツールを用いることで再現する方法があるのです。

どういった視覚効果を付けたいのか、それによって必要になるツールも変わってきます。

テクニックとしては、いくつもソフトやツールを使ってみておくことです。

どういったツールに、どういった機能が搭載されているのかを正確に把握しておけば、何らかの視覚効果を再現したい場合にどのツールを使えばそれを再現できるのかをすぐに割り出すことができます。

また、新しいツールが登場した際には一度は調べてみて、自分が考案した「複数のツールを使って再現する視覚効果」を単一もしくは手順を簡略化できる場合にはそのツールと交換するというテクニックも要求されます。

中には有料のツールのあるので、その場合は購入するべきかどうかをきちんと判断してから購入に踏み切りましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ