ワードプレスで関連記事を表示させるプラグイン「Similar Posts」の使い方を解説

スポンサードリンク

プラグイン「Similar Posts」の設定方法を解説する動画です。

レビュー:★★★★☆

《ここがオススメ》

「Similar Posts」の設定方法が分かるのがオススメ!

《この動画の要約》

【ワードプレスの関連記事】

・今現在、閲覧されている記事との関連性が高い記事を表示することです。

・記事の下に表示されていることが多いです。

・内部SEO対策において絶大な効果を持つことになります。

・既存のコンテンツに目を向けてもらうことが可能になります。
 →滞在時間を増やして、「直帰率」を下げることになる

【Similar Posts】

・関連記事を自動的に抽出してくれるプラグインです。

・「Post-Plugin Library」が有効化済みであることが前提となります。

・設定に際しては若干の作業が必要になります。

・ワードプレスのテーマに関連記事抽出機能が付いている場合には不要です。

【Similar Postsの設定方法】

①ワードプレスの管理画面から「プラグイン」「新規追加」を選択します。
 ↓
②テキストボックスに「Similar Posts」と入力して検索し、「いますぐインストール」をクリックします。
 ↓
③プラグインを有効化します。
 ↓
④管理画面の「設定」内に「Similar Posts」が追加されているのでクリックします。
 ↓
⑤「Generk Settings」にある「Number of posts show」は、関連記事の表示数なので、必要な数字を入力します。(Save General Settingsで保存するのを忘れずに)
 ↓
⑥「Manage Index」をクリックして、「Handed extended characters」をYesに、「Treat as Chinese ,Korean,or Japanese」をYesに、「Recreate index」をクリックします。
 ↓
⑦動画内に表示されている文字列を、関連記事を表示させたい場所に貼り付ける必要があります。
 ↓
⑧管理画面の「外観」から「テーマ編集」を選択し、「単一記事の投稿」をクリックします。
 ↓
⑨テーマごとに貼り付ける場所は異なりますが、「本文」と「コメント」の間に貼り付けるのが基本となります。

《一言》

今回の動画を見てまず思ったことは「英語ばっかり!」ということです。

仕方がないといえばそうなのですが、英語ばかりの文章を見ていると、どうしても最初の段階で嫌になってしまう人もいます。

しかし、関連記事の項目は、過去の記事についても閲覧してもらえる機会が増え、結果としてサイト全体の閲覧率を向上させるきっかけになります。

作業自体は決して難しいことでもないので、がんばって設定しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ