パソコンの画面でゲームをしながらYouTubeライブで生放送する方法

スポンサードリンク

パソコンの画面をそのままYouTubeライブで生放送をする方法について解説している動画です。

レビュー★☆☆☆☆

《ここがオススメ》

YouTubeでライブ配信する方法について、YouTubeの設定やソフトウェアの設定等を細かく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【必要なもの】

・オープンブロードキャストソフトウェア

・YouTubeアカウント

①オープンブロードキャストソフトウェアをダウンロードおよびインストールする
 ↓
②YouTubeアカウントで「ライブイベント」を有効にする
 ↓
③「動画の管理」「ライブイベント」から「新しいライブイベント」をクリックする
 ↓
④タイトル等の入力を行う
 ↓
⑤「カスタム」を選択する 
 ↓
⑥「詳細設定」を行い、「予定を作成」をクリックする
 ↓
⑦サムネイルの設定とビットレートの選択を行う
 ↓
⑧エンコーダの選択を行う
 ↓
⑨オープンブロードキャストソフトウェアを起動する
 ↓
⑩「放送設定」をクリックし、ストリーム名等の入力を行う
 ↓
⑪「追加」をクリックし、「画面キャプチャ」を選択して名前を入力する
 ↓
⑫画面キャプチャの設定を行う
 ↓
⑬エンコードの設定を行う
 ↓
⑭YouTubeの画面の「ライブコントロールルーム」をクリックする
 ↓
⑮オープンブロードキャストソフトウェアの「配信開始」をクリックする
 ↓
⑯「プレビュー」をクリックする

《一言》

最近では、さまざまな無料のキャプチャソフトがあるので、いろんな方法でパソコンの画面を録画してアップロードすることができます。

今回の動画では「パソコンの画面をリアルタイムに生放送する」という手法になっています。

設定などの細かい部分については、各パソコン等の環境に依存しますので注意してください。

パソコンの画面や、パソコンに映しているゲーム画面などをYouTubeで生放送配信することができるので、時間帯にもよりますが多くの視聴者を呼びこむことができるかと思います。

プレビュー画面等をきちんと確認することができるので、事前に設定がおかしいところなどがないかどうかを確認することができるのは初心者向けであると言えます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ