YouTubeのペナルティ④ チャンネル停止、アカウント停止、アドセンス停止について

スポンサードリンク

YouTubeのペナルティのうち「チャンネル停止」「アカウント停止」「アドセンス停止」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

それぞれのペナルティでどういった効果が有るのか、それを回避もしくは対処するためにはどうすればよいのかを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【チャンネル削除】

・チャンネルが消されている状態

・公序良俗に反する内容が多いと対象になりやすい

・動画が完全に削除される

・異議申し立てもできるが、テンプレート対応される可能性が高い

・動画内容が違反していない場合でも、通報が多くなることでチャンネル削除される

・それまでの報酬は残っている

【アカウント停止】

・アカウントが停止している状態

・違反動画が3回で対象となることが多い

・サブチャンネルも削除の対象となる

・動画のバックアップはきちんと確保しておく

・1アカウントにつき1アカウントがオススメ

【アドセンス停止】

・Googleアドセンスのアカウントが停止する

・YouTubeのアドセンスに紐付く全ての動画の収益が無効になる

・半年は収益を受け取ることができなくなる

・YouTubeのアカウントやチャンネルは残っている

・やる気をなくす?

・なんとしても避けなければならないペナルティ

・「全世界ブロック」を1ヶ月に2回以上、コミュニティガイドラインの著しい違反など

・アドセンスのアカウントを2個以上持とうとした場合

・なぜ起きてしまったかを正確に把握し、その原因の再発を防ぐことが重要

・サブチャンネルなどの「捨てチャンネル」を用意し、試験的に動画をアップする
 →問題なければ削除してメインチャンネルにアップロードし直す

・YouTubeに目をつけられないようにする

《一言》

YouTubeで稼いでいくためには、なんとしても「ペナルティ」を避けなければなりません。

特に、今回の動画で解説している重度のペナルティについては、絶対に避けなければならない内容です。

とは言え、「しなければならない」という種類ではなく、「してはならない」という種類であり、前者に比べると難しい内容でもあるかもしれません。

一つでも何か要素が入ってしまうと、それだけでペナルティの可能性をもたらしてしまうところが難しいところです。

加えて、謂れ無きペナルティの可能性を考えると、なかなか完全回避は難しいかもしれません。

とは言え、リスクを少しでも少なくすることはできますので、その点だけはきちんと対処しておくことにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ