YouTubeのペナルティ② 音声ミュート、年齢制限について

スポンサードリンク

YouTubeのペナルティの種類である「音声ミュート」「年齢制限」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

それぞれのペナルティの種類ごとに、実際にそのペナルティを受けた動画がどういった風に再生されるのかについても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【音声ミュート】

・著作権の問題に触れるBGMを使用していた場合のペナルティ

・動画のBGMが聞こえなくなる、動画自体は再生できる

・時間がたって解除、ということはない

・適正なBGMを使い、動画をアップロードし直す事が必要

・「アニメのOP」などは、すぐにミュート状態になる

・「旬のBGM」はすぐに対象となる傾向になる

【年齢制限】

・自分の動画に「年齢制限に関する内容」がある場合のペナルティ

・解除、収益化はできない

・18歳未満のアカウント、もしくは未ログインの場合は再生できない

・通報が少ない時などは逃れられるケースも有る
→運次第?

・「年齢制限を有効にする」を自分で設定できるが、収益化はできなくなる

この動画の続きはこちらです

YouTubeのペナルティ③ すべての国でブロック、動画削除について

《一言》

YouTubeには、さまざまなペナルティが用意されています。

中には謂れ無き内容であることもありますが、その疑いがあるというだけでも十分に収益化の障害となります。

必要なこととしては、規約をしっかりと理解し、どういった動画が通報の対象となるかを把握しておくことです。

もちろん、悪意ある人や勘違いして間違って通報したりというころは十分に考えられますが、少なくともその動画を見てしっかりと内容を楽しむことができ、内容に問題がないと判断してもらえれば、健全なユーザーから通報されるようなことはありません。

あくどい方法、内容で報酬を得ようとするのではなく、あくまでも健全な内容、正当な方法で再生回数を稼ぐようにしましょう。

場合によっては、他人の目に触れないことで通報の数が少なくなることもありますが、それは「再生回数が少ない=報酬も少ない」ということであり、ラッキーとは言い難い結果です。

本末転倒なので、再生回数を稼ぎつつも、通報されないような内容の動画を量産するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ