YouTubeのペナルティ① 広告剥奪、第三者コンテンツと一致について

スポンサードリンク

YouTubeで動画をアップロードする際に発生するペナルティのうち「広告剥奪」と「第三者コンテンツと一致」について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

それぞれのペナルティがどういった内容であるかに加えて、必要な対処法は何であるかも解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・YouTubeには、さまざまな「ペナルティ」が存在する

【広告剥奪】

・ドルマークに斜線が入るようになっている

・広告を表示することができなくなる

・一番軽いペナルティ

・内容が過激なもの、暴力などの場合で対象となる事が多い(一概にはそうではない)

・待つか、サムネイルの変更などを行うことで対処可能

【第三者コンテンツと一致】

・他人の著作物を使っている(と疑われる)場合のペナルティ

・「異議を申し立てる」ボタンをクリックして対処することができる
→撤回されることもされないこともある

・他人の著作物と「似ているだけ」という場合でも対象となる可能性がある

 

この動画の続きはこちらです

YouTubeのペナルティ② 音声ミュート、年齢制限について

 

《一言》

YouTubeで稼いでいくためには、「ペナルティ」を受けないようにする必要があります。

ペナルティは、YouTubeが定めている規約に違反しているということであり、その状態では収益化を認めることができないことになります。

そのため、安全・健全・継続的に稼いでいくためには、ペナルティを受けないようにする、ペナルティを受けた場合は即座に対処することが必要になります。

今回の動画で解説しているペナルティは、比較的軽度のペナルティです。

軽度とはいえ、YouTubeでの収益化において大きな支障となることは間違いありません。

ペナルティを受けないようにすることも大事なのですが、どうしても何らかのペナルティの対象となることは考えられます。

実際に規約違反をしていることと、ペナルティの対象となることは完全には一致しませんので、いわれなきペナルティを受けることは考えられます。

なので、ペナルティを受けてそのまま放置せず、必要な対策をきちんととることが重要です。

どういったアクションが必要なのかは、どういったペナルティを受けたかにもよりますので、きちんと管理し、必要な情報を集めて対処しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ