iMovieでワイプ(画面の中に画面)を入れてテレビ番組風の動画を作る方法

スポンサードリンク

iMovieで動画にワイプを入れる方法である「ピクチャ・イン・ピクチャ」の機能について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

ピクチャ・イン・ピクチャの設定において、基本的な設定以外にもワイプ動画の表示に関するさまざまな操作も解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【iMovieでのワイプ(ピクチャ・イン・ピクチャ)の設定方法】

①iMovieを起動し、動画を読み込む
 ↓
②動画に埋め込みたい動画を読み込み、タイムラインにドラッグ&ドロップする
 ↓
③埋め込みたい動画のクリップをダブルクリックし、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択する
 ↓
④表示された小さい画面を選択し、表示位置と大きさを調整する
 ↓
⑤必要に応じてその他の設定・特殊効果を 
 ↓
⑥音量の調節を行う

・動画ではなく、写真を埋め込むことも可能

《一言》

動画の中に別の動画もしくは写真を埋め込むことで、一つの画面上に二つの画面を表示させることができます。

これを「ワイプ」と言います。

関連する動画や写真を埋め込んでメインとなる動画の補足説明を行ったり、さまざまな特殊な表示方法で視聴者を楽しませることもできます。

使い方は非常に簡単で、さまざまな動画編集ソフトでも同様のことができますが、iMovieの場合は専用の操作方法があってワンタッチでピクチャ・イン・ピクチャを設定することができるのが簡単です。

うまく活用することで、メインとなる動画のクオリティを大幅に向上させることができます。

どういった動画や写真を挿入すればよいのかは、メインとなる動画やチャンネルの傾向などを考慮し、それに応じた動画を撮影したり素材を調達するなどを考えましょう。

決して難しい操作ではないのに、まるでテレビで放送されるような本格的なワイプをピクチャ・イン・ピクチャによって「利用することができます。

ネットビジネス初心者でも簡単に利用することができるテクニックですので、是非とも活用しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ