自分が死んだらアドセンス報酬やSNSアカウントはどうなる?遺産相続?それとも??

スポンサードリンク

ネット上で使用する「アカウント」などを、その人が亡くなった後にどうするかについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

「Google」「facebook」「Twitter」など、アカウントの種類ごとに公式の対処法を明記しているところがわかりやすく、説得力があるところがオススメ!

《この動画の要約》

【Googleの場合】

・「アカウント無効化管理ツール」を利用することができる

・アカウントが長期間使われていない場合、「判断基準」「データをどうするか」「誰に通知するのか」を決定することができる

【facebookの場合】

・家族や友人がプロフィールを完全削除または「追悼ページ」に変更可能

・アカウント情報や、本人の脂肪を証明する書類の添付が必要

【Twitterの場合】

・「アカウントをそのまま残す」または「閉鎖の要請」が可能

・アカウントを削除する場合、さまざまな情報を提供する必要がある

【死後のアカウントの管理について】

・自分で全て管理しているアカウントに関しては、本人の死亡後に誰かが管理するとなると大きな労力が必要

・アドセンスは「遺産相続」の対象となるが、日本ではその事例が少ない
 →しかも、かなり難しい

《一言》

内容的には、かなり重い内容となっていますね・・・

しかし、人間である以上は何年、何十年か後にはかならず死を迎えます。

そうなると、その人が保有していたさまざまな財産の管理が必要になるのですが、ネット上で用いられる「アカウント」や、その産物についての管理が問題となります。

もちろん、すぐにどうにかしなければならないようなことはありませんが、複数のサイト、複数のアカウントを保有している人の場合、その死後のアカウント管理はかなり煩雑になります。

一応、本人の死後の管理については各サイトごとに何らかの対処法を明記していますが、その事例自体はそこまで多いものではありません。

大手のSNSなどについては特にサイト自体が完成したのが比較的新しいものであり、事例は少ないです。

何らかの方法はあるものの、可能なかぎりは自分がまだ正常な判断のできるうちに出来る限りのことはやっておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ