ワーナーブラザース風のオープニング動画を作る方法 パワーディレクター12で解説

スポンサードリンク

「ワーナーブラザース風」のオープニング動画を、ブレンダーと動画編集ソフト、テンプレートファイルを使って作成する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

手順についてゆっくりボイスと字幕で解説されているので、どういった手順で作業すればよいのかを理解しやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

【必要なソフト等】

・ブレンダー(2.63)

・動画編集ソフト(動画内では「パワーディレクター12」)

・テンプレートファイル

①テンプレートファイルをダウンロードし、解凍する(パスワードは動画内で)
 ↓
②ブレンダーファイルを開く
 ↓
③帯文字を修正する
 ↓
④「Alt+C」「Shift+W」で各操作を実行する
 ↓
⑤イニシャル文字を修正する 
 ↓
⑥イニシャル文字がはみ出す場合は「Alt+C」で調整する
 ↓
⑦サブタイトルを修正する
 ↓
⑧「レンダー」から「レンダーアニメーション」をクリックする(かなりの時間を要する)
 ↓
⑨パワーディレクター12を起動し、作成した動画ファイルと音声ファイルを読み込む
 ↓
⑩「フェードイン」「フェードアウト」を設定する(お好みで)
 ↓
⑪出力形式を選択し、動画ファイルを出力する

《一言》

今回の動画でも、やはり中心となるのは「テンプレートファイル」の存在です。

これがあれば、そのテンプレートを基にした動画を簡単にアレンジすることが出来るのです。

簡単なテキストアニメーションであれば、動画編集ソフトを使って作ることも出来るのですが、それに本格的に細かい設定を加えるとなると、かなりの時間を必要とします。

加えて、「〇〇風」ともなると、背景やBGMの用意、それ以上に細かい設定に時間をとられることになるので、ネットビジネス初心者にとってかなり難易度が高くなります。

それを回避し、本格的な〇〇風動画を簡単に作ることが出来るのが、テンプレートファイルです。

自分の作りたい動画のためのテンプレートファイルを探すことができれば、それを使ってオープニング動画などを簡単に量産することができます(オープニングを量産する必要はありませんが・・・)。

後はテキストを入力し、動画編集ソフトでBGMを合わせるだけで簡単なものであれば完成します。

是非ともチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ