ハリーポッターOPのロゴを作る方法 FinalCutProXで超簡単!

スポンサードリンク

「フォトショップ」「Final Cut Pro X」を使って、ハリーポッターのオープニング風の動画を作る方法について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

すべての作業をノーカットで、実際に作業しながら解説しているので作業一つ一つの意味を理解しながら見ることが出来るところがオススメ!

《この動画の要約》

①「Hally Potter Logo Design Tool」のサイトにアクセスする
 ↓
②ロゴを入力する
 ↓
③「Add Clouds」をオフにする(背景が消去される)
 ↓
④「Create Logo」をクリックする
 ↓
⑤「Personal Use」をクリックする 
 ↓
⑥「Download」をクリックする
 ↓
⑦「フォトショップ」を起動し、新規でテキストを入力する
 ↓
⑧文字を範囲指定し、「レイヤースタイル」「ベベルとエンボス」をクリックする
 ↓
⑨テクニックを「シゼルハード」に設定し、深さを設定する
 ↓
⑩ネットで作成したロゴを読み込み、テキストを配置する
 ↓
⑪「Final Cut Pro X」を起動し、ロゴ画像を読み込む
 ↓
⑫「クロップ」「Ken Burns」をクリックする
 ↓
⑬終了地点を、ロゴのテキストの間の背景に設定する
 ↓
⑭開始地点を画像より一回り以上大きく設定する
 ↓
⑮再生時間を調節する
 ↓
⑯背景となる画像を読み込む
 ↓
⑰ロゴ画像と背景画像のブレンドモードを「加算」に設定する
 ↓
⑱背景画像をロゴ画像の下の部分に配置する
 ↓
⑲背景画像にも手順⑫の作業を行う
 ↓
⑳同じ背景画像をもう一つ用意し、動きの作業を開始位置と終了位置を変えて同じように行う
 ↓
?背景画像の不透明度を下げる
 ↓
?本物のロゴをスクリーンショットで用意してくる
 ↓
?その画像をフォトショップに読み込む
 ↓
?「マッチカラー」を適用する
 ↓
?「しきい値」を適用する
 ↓
?BGMを読み込む

《一言》

タイトルに「超簡単!」って付けたんですけど、13分以上の作業内容をそう表現することは間違っているって思う人も少なくないかもしれませんね。

けれど、考えてみてください。

YouTubeの有名アップロード者の動画の様々なオープニング動画などのオリジナル動画を見て、「これは自分には真似できないだろうな」という物が多いのではないかと思いますが、そういったオープニング動画や動画の途中の数秒程度の動画については、無料で作ることが出来るのです。

今回のロゴ動画もそうでしたが、全て無料のツールを使って作ることができます。

数分で簡単に、とは行きませんが、やり方さえ覚えてしまえばもっと時間を短縮することもできますし、自分の好みの動画を作ることができます。

重要なのは「やり方を覚える」「新しいやり方をマスターしていく」「組み合わせるとどうなるか知る」といったことで、これは経験に基づくものです。

初心者には不足しているものではありますが、YouTubeにアップロードする動画を作る中で少しずつ腕を磨いていき、他にはない自分好みの動画を作ってみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ