Aviutlでmp4形式の動画を高画質で出力する設定方法

スポンサードリンク

Aviutilとプラグインを使って、動画を高画質のMP4形式で出力する方法について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

プラグインのインストールから設定方法、その後のプラグインの実際の使い方まで全て解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①Aviutilに動画を読み込む
 ↓
②「設定」「サイズの変更」で、元の動画サイズに近いサイズを指定する
 ↓
③「設定」「インターレースの解除」「自動」を選択する
 ↓
④「ファイル」「AVI出力」をクリックする
 ↓
⑤「ビデオ圧縮」をクリックし、「Microsoft Video1」を選択して「OK」をクリックする 
 ↓
⑥この状態で保存すると、画質が荒いままになる

・あらかじめ、「x264guiEx」というプラグインをインストールしておく

【x264guiExのインストール方法と確認方法】

①プラグインをダウンロードする
 ↓
②ZIPファイルを解凍する
 ↓
③アプリケーションを起動する
 ↓
④Aviutilのフォルダを入力して「次へ」をクリックする
 ↓
⑤Aviutilを起動し、「ファイル」「プラグイン出力」の中に、プラグインが入っているかどうかを確認する
 ↓
⑥プラグイン出力を選択し、「ビデオ圧縮」をクリックし、5つのファイルとプロファイルが開けるかどうかを確認する
 
【プラグインの使い方】

①「プロファイル」から「高画質」を選択する
 ↓
②「ジングルパス」を「自動マルチパス」に変更する
 ↓
③「上限ファイルサイズ」「上限ビットレートサイズ」にチェックを入れておく
 ↓
④上限ファイルサイズを「300~500」にする
 ↓
⑤上限ビットレートを「1000~2000」にする
 ↓
⑥「目標映像ビットレート」を「-1」にする
 ↓
⑦音声ビットレートを「96」「128」に設定する
 ↓
⑧「その他の設定」をクリックし、「自動マルチパス」をクリックする
 ↓
⑨「自動マルチパス時~」の部分にチェックを入れる
 ↓
⑩「OK」をクリックし、ファイル名を入力して「保存」をクリックする

《一言》

高画質な画像であるほど、動画のクオリティは高く評価される傾向にあります。

多くの人に動画を視聴してもらい、アドセンス報酬を得ようと思うのであれば、作成した動画の画質にもこだわる必要があるということです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ